SECはBinance.USを非難し、取引所が「ウォッシュトレード」活動に関与していると述べる

SECはBinance.USを非難し、ウォッシュトレードに関与していると述べる

アメリカ証券取引委員会(SEC)は、グローバルな仮想通貨取引所Binanceのアメリカ法人であるBinance.USに対して、最近再び非難を浴びせました。ウォールストリートジャーナルの報道によれば、SECは、Binance.USがしばしばウォッシュトレードに関与していたと主張しています。つまり、市場で非常に活発に見えるように、時には自己取引を行い、取引量を詐称していたということです。

取引所はこれらの活動を否定していますが、SECの訴訟に影響を与えた可能性があります。さらに、米国司法省もこの取引所を積極的に調査しています。そのため、取引所のトップエグゼクティブが複数人辞任したとの報告がありました。また、プラットフォームのシェアも大幅に減少しています。

上記の声明を踏まえると、Binance.USは現在、市場シェアの1%未満を保持しています。そのため、顧客がプラットフォームから資金を引き出す状況が生まれています。

また、SECの訴訟と司法省の調査に続いて、最近は解雇の波もありました。これまでの報道によれば、親会社であるBinanceは米国の取り締まり強化以来、1,000人の従業員を解雇したとされています。しかし、CNBCによれば、これはBinanceが今年計画している解雇の一部であると報じられています。CNBCは、関係者の情報源を引用して、Binanceが今年内に1,500人から3,000人の雇用を削減する意向があると伝えています。

BinanceのCEOであるChangpeng Zhaoは、従来のやり方で、解雇の噂を軽視し、報じられている数値が誇張されていると主張しました。彼は、解雇は現在の監視には関係なく、むしろ人材密度を高めるための試みであると述べ、企業はまだ採用を続けていると述べました。

規制の厳しさにもかかわらず、Binanceは影響力を保ち続けています

Binanceは現在、SECとCFTCの両方から規制の圧力を受けています。さらに、司法省の調査も進行中です。さまざまな証券および商品に関する違反で非難されたにもかかわらず、創業者のZhaoは懸念を軽視し続けています。

興味深いことに、Zhaoは、取引所に対する多数の訴訟に対して冷静な態度を保っているようです。そしてそれがBinanceの持続的な影響力に寄与している可能性があります。

規制上の課題にもかかわらず、親会社のBinanceはグローバル市場での支配地位を保っています。2023年初頭の60%のシェアからは下がりましたが、出版時点ではBinanceは市場の52%のシェアを保持しています。