SECのゲンスラー議長は、リップルのXRP判決の一部に「失望している」と述べ、現在も意見を評価中です

SECのゲンスラー議長は、リップルのXRP判決の一部に失望しており、現在も評価中です

米国証券取引委員会(SEC)のゲンスラー議長は、リップル事件における地方裁判所の判決について、小売投資家に関しては失望したが、トークンの機関売却が連邦証券法に違反するとの判断には満足していると述べました。

ゲンスラー議長は、ワシントンDCの全国報道クラブでのイベントで、「機関投資家を保護することの重要性を認識した判決に満足しています」と述べました。「小売投資家についての発言については失望していますが、それについては引き続き検討しています。」

リップルは、先週の裁判所の判決により、トークンの機関売却が連邦証券法に違反するとの一部の勝訴を収めましたが、取引所での売買やプログラム的な売買は証券の売買とは見なされませんでした。これは、SECが投機的な投資家が「他者の起業家精神または経営努力から利益を合理的に期待していた」と断言することができないからです。

ゲンスラー議長は、スポットビットコインETFに対してSECがもっと自信を持つためには、SEC議長としての彼自身の立場や、現在進行中の訴訟の存在に言及しながら、さらにSECが必要とするものについての質問には答えることを辞退しました。

SECが欧州連合のMiCaのような規制の仕方ではなく、執行による規制を行っている理由についての質問に対して、ゲンスラー議長は「私たちは一部の規制を行っています」としつつも、「通知と意見の公開手続きによる規制」と「特定目的の仲介業者の免許」など、いくつかの規制の取り組みがあったと述べました。

詳細はこちら:リップル、XRPに関するSECとの裁判で一部勝訴を収める