SECのゲンスラー議長に対する圧力が高まり、米下院議員がスポットビットコインETFの「即時」承認を要求

SECのゲンスラー議長に対する圧力が高まり、米下院議員がスポットビットコインETFの「即時」承認を要求しています

仮想通貨業界は、証券取引委員会(SEC)が現物ビットコイン上場投資信託(ETF)の申請を承認することを熱望しています。しかし、この長引く騒ぎは、今や正当な後ろ盾を持つことができるかもしれません。というのも、下院金融サービス委員会の4人の議員(各党から2人ずつ)が、そのような趣旨の手紙を送ったからです。

Coinspeakerが入手した火曜日の手紙によると、この議員たちは、下院のリーダーシップの多数派幹事であるトム・エメル議員を含む、SECのゲンスラー委員長に対して緊急のETF対応を求めています。

彼らは、機関が裁判所に耳を傾けることが急務であると指摘しました。具体的には、SECがGrayscaleの現物ビットコインETF申請の却下を覆した最近の裁判所の判決についてのことです。

議員たちは、規制当局がこれらの申請を規制の承認から永遠に拒否し続けることはできないと警告しています。したがって、手紙は、ゲンスラー委員長が承認を進めるべきだと示唆しています。

議員のバイパーティザングループはまた、ゲンスラー委員長が必要な措置を講じた後、後日開催される公聴会で彼にそれについて質問することができる、とも書いています。

現物ビットコインETFの承認を妨げているのは何か?

手紙の中で、議員たちはSECの現物ETFに対する頑固な姿勢の理由について疑問を抱いているようです。また、それに値するかどうかは別として、規制当局は明確な「具体的な」理由を明示していません。

この好奇心に基づいて、彼らは既に承認されている暗号通貨先物ETFと現物ETFの違いが何か尋ねています。したがって、規制当局が識別可能な特徴を確立できなかったため、議員たちはゲンスラー委員長に保留中の申請に直ちに署名するよう要請しています。これには、Fidelity、BlackRockのiShares、Grayscale Investmentsなどの申請も含まれます。

ビットコインETFは、投資家が簡単に資金を暗号通貨市場に投入する手段を提供します。それは、ブローカーアカウントを通じて簡単に取引できるように設計されているためです。