SEC(証券取引委員会)のゲンスラー委員長が、機関の予算を増やすために仮想通貨の「ワイルドウェスト」を引用

SECのゲンスラー委員長は、仮想通貨の「ワイルドウェスト」を引用して、機関の予算を増やすことを提案しました

証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は、水曜日に行われた米上院予算委員会で、彼の機関の数十億ドルに及ぶ予算に追加の数千万ドルの資金を提案し、仮想通貨業界の「法令遵守を欠いた」投資家保護を含む拡大が必要であると議員に述べました。

ゲンスラーは準備した発言の中で、「私たちは非常に投機的な資産クラスにおいて、法令遵守を欠き、投資家が自らの財産を危険にさらす仮想通貨市場の荒野を目の当たりにしました」と述べました。

「使命の規模に見合った資金を得ることで、私たちはアメリカの一般市民、投資家、発行者のためにより強力な支援者となることができます」と彼は述べました。

ゲンスラーによれば、仮想通貨犯罪に対する幅広い取り締まりを行っているSECは、追加の7200万ドルを要求し、数十人の正規職員を追加する予定です。委員長は上院予算委員会が先週承認した非党派の法案により、2024会計年度のSECに23億6400万ドルが支援されるが、インフレを考慮すると現在の職員レベルを維持するためだけの額であると主張しました。

ゲンスラーの発言によると、SECは2023年に4,685人の職員を雇用し、そのうち約半数が取り締まりと調査の任務に従事していました。追加の資金は、チームに170人の職員を追加するだけでなく、2023年に雇用されたスタッフのための一年間の資金提供も行い、SECの総職員数を5,139人にするのに役立つでしょう。

「使命の規模に見合った資金を得ることで、私たちはアメリカの一般市民、投資家、発行者のためにより強力な支援者となることができます」とゲンスラーは述べました。「詐欺、操作、虐待の撲滅はシステムのリスクを低減させます」。