SAPクライアントがCircleのUSDCを使用して、クロスボーダー決済をテストしています

クロスボーダー決済を革新する重要な一歩として、ドイツのソフトウェア大手SAP SE(ETR:SAP)がこの分野で興奮する発表を行いました。同社はブログ投稿において、デジタル通貨大手のCircleと協力し、国際取引を促進する手段としてそのステーブルコインであるUSD Coin(USDC)の利用をテストすることを明らかにしました。

国際貿易に従事する企業にとって、クロスボーダー決済は長年にわたり様々な問題に悩まされてきました。手続きが煩雑で手数料が高く、遅延や通貨換算の複雑さがスムーズな金融取引を阻害しています。SAPはエンタープライズソフトウェアソリューションのリーダーであり、これらの問題に対処することの重要性を認識し、革新的な解決策を見つけるために積極的に取り組んでいます。

顧客を強化し、シームレスなクロスボーダー決済を促進するため、SAPは独自のアプローチを導入しました。同社は、CircleのUSDCの「プレイマネー」バージョンを活用し、海外送金の効果をテストすることができるようにしています。

企業からの発表によると、顧客は今後、Ethereum上で稼働するUSDCを「プレイマネー」として受け取り、支払いオプションをテストすることができます。このテストは、Ethereumではない別のブロックチェーンで行われ、本物のERC-20 USDCトークンは使用されません。

このテストフェーズを提供することで、SAPは顧客の関心を評価し、Ethereumベースの暗号通貨に関連する利用可能性や機能性に関する貴重なフィードバックを収集することを目的としています。この実験的なアプローチは、クライアントに、Ethereumベースの暗号通貨に関連する可能性のある利点や課題を探索するためのリスクのない環境を提供します。

SAPの顧客がUSDCの採用に興味を持った場合、Ethereumエコシステム内で暗号通貨の採用が大幅に増加する可能性があります。特に、多くの大手企業を含むSAPの幅広い顧客層が、Ethereumプラットフォーム上のデジタル通貨に関する大幅なトラクションを生み出す可能性があります。

なお、この実験では、顧客が実際の支払いにUSDCを使用することはできません。代わりに、顧客は指定された量のUSDCと請求書を受け取り、迅速で手頃な価格、信頼性の高いクロスボーダー決済の利点を体験することができます。

SAPにとってUSDCが適したオプションである理由は何ですか?

USDCが第5位のデジタル資産として、市場価値が284億ドルという大きな位置を占めていることは、その重要性と暗号通貨市場での広範な採用を示しています。CoinGeckoによると、24時間で40億ドル以上の高い取引量を誇るUSDCの流動性と市場参加に対する需要が高いことがさらに証明されました。

特筆すべきは、USDCの人気が信頼性と安定性、広範な採用、用途の多様性など、いくつかの特徴によるところが大きいことです。USDCは米ドルにペッグされたステーブルコインであり、ユーザーには信頼性の高いデジタル通貨のオプションが提供されます。

この安定性により、他の暗号通貨に関連するボラティリティが低減され、投資家や市場参加者の信頼性が高まります。また、広範な利用可能性により、安定かつ信頼性の高いデジタル資産を求めるユーザーにとって簡単にアクセスできます。