破天荒:サム・バンクマンフリード氏、全ての告発で有罪判決

破天荒な富豪:サム・バンクマンフリード氏、すべての告発で有罪判決を受ける

元FTXのCEOであるサム・バンクマン=フリード氏がニューヨークの陪審団によって、起訴された7つの罪状全部を有罪とされました。

バンクマン=フリード氏は、ワイヤー詐欺の容疑で2つの罪状、ワイヤー詐欺の共謀の罪で2つの罪状、証券詐欺の罪で1つの罪状、商品詐欺の共謀の罪で1つの罪状、そしてマネーロンダリングの共謀の罪で1つの罪状を有罪とされました。

彼はニューヨーク地方裁判所の判事であるルイス・カプラン判事により後日判決を受けることとなります。

バンクマン=フリード氏の犯罪による最高刑は、ワイヤー詐欺、ワイヤー詐欺の共謀、およびマネーロンダリングの共謀が20年の最高刑を持つことから、最大で110年の懲役となります。

他の重要なFTXの役員である元AlamedaのCEOであるキャロライン・エリソン氏、FTXの共同創設者であるゲイリー・ワング氏、および元FTXのエンジニアリング責任者であるニシャド・シン氏は、さまざまな罪状について有罪を認め、政府と協力してバンクマン=フリード氏に対して証言しました。政府と協力して証言しました

関連記事: 「規制当局にくたばれ」とSBFが内々で発言:報道

バンクマン=フリード氏は以前にすべての罪状に対して無罪を主張しており、裁判中に証言し、自らの無実を主張し、FTXの2022年11月の崩壊を「いくつかの大きな間違い」として認めました。彼はAlamedaとの関係におけるFTXのいかなる悪事も否定し、自身をキーディシジョンから距離を置いていると主張しました。

バンクマン=フリード氏は、AlamedaがFTX上で資金を取引することを可能にした機能の作成においてワン氏を非難し、「Alamedaのクレジットラインについては何が起こったのかわからない」と主張し、2022年の暗号市場の崩壊により膨れ上がった数十億ドルの借金についても「完全にはわからなかった」と述べました。

雑誌: ブロックチェーン探偵 — Mt. Goxの崩壊からChainalysisが生まれた