「サム・バンクマン・フリード氏の早期釈放の申し立てを裁判官が却下」

Sam Bankman-Fried's request for early release is rejected by the judge.

米国第2巡回区控訴裁判所の3人の裁判官からなる審査委員会は、元FTX CEOのサム・バンクマン・フリードまたはSBFの早期釈放請求を却下しました。

9月21日の判決で、ジョン・ウォーカー・ジュニア裁判官、デニー・チン裁判官、ウィリアム・ナルディーニ裁判官は、SBFの弁護団が主張した通り、第一修正条項の問題が大部分であると述べたSBFの早期釈放請求を却下しました。判決は、SBFの刑事事件を監督している判事であるルイス・カプランが、バンクマン・フリードの発言が証人の妨害行為にあたると正しく判断したと述べています。

「記録は、地方裁判所が、(バンクマン・フリードの)釈放条件を繰り返し厳しくする必要があった時間にわたる行動経過を含め、すべての関連要素を入念に検討したことを示しています」と、9月21日の判決は述べています。「また、地方裁判所は(SBFが提案した)報道機関との連絡を制限する命令を提案したが、これは長期的な解決策ではないと合理的に結論づけました。」

裁判官たちは次のように付け加えました:

「[SBF]が拘留に対する推定の反駁に失敗したと判断した地方裁判所に誤りはありませんでした。[弁護団の]追加の主張を検討しましたが、説得力がありませんでした。」

バンクマン・フリードは以前、元アラメダリサーチCEOのキャロライン・エリソンの私的な日記をニューヨークタイムズの記者に提供したことを認め、その内容の一部が公開されたとされていますが、これは証人の脅迫と見なされました。SBFの弁護士たちはまた、一貫したインターネットアクセスの不足が彼を適切な弁護準備から妨げたため、彼を早期釈放するよう求めました。

関連記事:裁判官がSam Bankman-Friedの証言を許可しないようDoJの請求を許可

裁判所は、9月19日の聴聞会の後、元FTX CEOが拘留され続けることと早期釈放のために、司法省とSBFの弁護団がそれぞれ約5分間の主張を行った問題を審議していました。カプラン裁判官は8月11日にSBFの2億5000万ドルの保釈金を取り消し、それ以降、彼はブルックリンのメトロポリタン拘置センターに収監されました。

控訴裁判所の判決は、バンクマン・フリードが最初の刑事裁判が予定されている10月3日までに釈放される可能性の最後のチャンスの1つだったと考えられます。彼の2番目の裁判は2024年3月に開始される予定です。彼は全ての罪状に対して無罪を主張しています。

雑誌:FTXの崩壊後、暗号通貨取引所を信頼できますか?