「サム・バンクマン・フリードの法的チームが、裁判が迫る中、一時的な釈放を再度申請する」

Sam Bankman-Fried's legal team to reapply for temporary release amid approaching trial.

出典:動画のスクリーンショット、ABCニュース/YouTube

高い関心が寄せられる裁判を前に、サム・バンクマン・フリードを代表する弁護団が一時釈放を再度請求しました。

最近の法廷提出書に詳細が記載されたこの請求は、バンクマン・フリードの弁護団が、クライアントが拘留されたままであることによって直面する困難を引用しています。

弁護団は、訴訟の中心となる大量の証拠資料と財務記録を確認するために、バンクマン・フリードの関与が不可欠であると主張しています。

彼らは、公正な裁判のためには、有効な弁護士-クライアント間のコミュニケーションの維持が重要であり、現在の制約が法廷外での彼らとの協議能力を著しく妨げていると主張しています。

逃亡リスクを軽減するための条件を提案

弁護団は、カプラン判事に宛てた手紙の中で、SBFの逃亡リスクに関する懸念を軽減するための条件を提案しました。

これらの条件には、承認された場所間でバンクマン・フリードを護衛するための私設警備員の存在と、一時的な釈放中に通信機器へのアクセスを制限することが含まれています。

弁護団は、これらの措置がセキュリティ上の懸念と適切な裁判準備の必要性の間にバランスを取ると主張しています。

SBFの弁護士たちは、法廷が必要と判断する追加の制限にも対応できると述べています。

この一時釈放の最新の申請は、第2巡回区の最近の裁判所判決に続いて行われました。その判決では、バンクマン・フリードの2億5000万ドルの保釈金が取り消されることとなりました。

それ以降、SBFの全保釈請求は裁判所によって拒否されています。

オーラル・アーギュメントで、ウォーカー判事は、被告と彼の法的チームの適切なアクセスを促進することの重要性を認識し、潜在的な控訴問題を回避するための措置を取ることが重要であると認めました。

来週開始予定の注目裁判

10月2日に開始予定のこの裁判は、その高い注目度から広く注目されています。

バンクマン・フリードは、前年11月に起きた仮想通貨取引所FTXの崩壊に関連する詐欺および共謀の罪で起訴されています。

検察側は、彼が投資家を欺いて顧客資金を横領し、数十億ドルに及ぶ巨額の損失を引き起こしたと主張しています。

バンクマン・フリードは無罪を主張しており、仮想通貨業界に重要な影響を及ぼす可能性のある法的対決の舞台が設定されています。