サム・バンクマン・フリードの最大の詐欺? 彼の「ベストインクラス」の取引所

Sam Bankman-Fried's biggest fraud? His 'best-in-class' exchange

少なくともWeWorkは、元CEOのアダム・ノイマンが数十億ドルを調達した華やかな建物を自慢することができました。しかし、サム・バンクマン・フリードは何を示せたのでしょうか?

彼はしばしばSBFと呼ばれ、病的な嘘つきで、詐欺師や市場操作者であり、また、彼の全ての失敗を彼の元彼女であり、アラメダリサーチの責任者であるキャロライン・エリソンに押し付けようとする本当にひどい元彼氏です。

しかし、バンクマン・フリードがおそらく最も大きな嘘をついたのは、FTX取引所そのものに関係することではないでしょうか。

彼が億万長者であり、政治的な繋がりを築くために世界中を行脚した製品は、エラーが多く、遅く、市場の変動時には頻繁に遅れるというものでした。

顧客サービスは存在しないと言われています。オンラインの苦情フォームはほとんど返信がない一般的なメールアドレスにリンクしていました。

FTXは「トレーダーによって作られたトレーダーのための」ものと位置付けられていましたが、SBFとエリソンがウォールストリートのクアント企業ジェーンストリートでの過去の仕事経験を持っていたことを考えると、前の熊市の深みでフォロワーを見つけることに成功しました。

2019年のローンチ後、数千ドルの取引量を処理するだけだったFTXは、2022年のピーク時には数十億ドルを処理するようになりました。これらの急増する取引量と企業の急騰する評価により、バンクマン・フリードの自尊心は高まり、彼はビットコインからオレンジジュースまで何でも取引できるワンストップの取引所を作り出すことを想像しました。

シノ・グローバル・キャピタルやシーコヤ・キャピタルなどのベンチャーキャピタリストの軍団が創設者と取引所を褒め称えました。X(旧Twitter)の暗号通貨の影響力のある人々は、手数料割引を提供するアフィリエイトリンクを掲示しました。知らぬ間に、小売り投資家たちはその夢に乗っかっていたのです。

取引所が新しくなると、技術的な欠陥は許されるべきものでした、特にBinanceの初期の資金援助とBankman-Friedの熟練した裁定取引業者としての評判があったためです(たとえShitcoin Futures Indexのようなゴミを定期的に上場していたとしても)。

成長を促進したもう一つの要素は、Bankman-FriedのEffective Altruismの騒ぎ全体でした。メインストリームメディアや投資家に愛された若き「天才少年」は、最終的には自分の得たものをすべて慈善活動に寄付することを望んでいました。

FTXは後の年には、さまざまな目的に1%の収益を寄付すると主張する財団ページをサイトに掲載することさえ自慢しました。これはユーザーにとって究極のカジノであり、ギャンブル中毒は慈善活動を支えるためにある程度は問題ではないかもしれません。

しかし、製品は宣伝されているほどうまく機能しませんでした。苦情は、注文のマッチングの低さから市場注文の遅延まで様々なものでした。FTXの遅い約定はすぐに人気のあるジョークになりました。

人気トレーダーの@HsakaTradesは、注文が埋まるまでに時間がかかることについて一度不満を述べました。バンクマン・フリードは彼の非難的なやり方で、トレーダーが使用していたウェブブラウザのせいにしました。@HsakaTradesはそれに納得せず、FTXのユーザーの間で同様の問題が数多くあることを指摘しました。

このような問題は他のソーシャルメディアサイトやフォーラムでも共有されました。

「そう、FTXは取引所としてかなりひどかったです」と、人気のあるテクノロジーフォーラムHacker Newsのユーザーであるdcolkittは主張しました。「マッチングエンジンは非常に遅延があり、信頼性がなく、さまざまな未公開の問題がありました。」

参考:サム・バンクマン・フリードは、FTXの崩壊について自分以外の誰かのせいにしている| 見解

「アルゴトレーダーなら、FTXに関してはキャンセルされたオープンオーダーを取り消すのに時間がかかるという恐ろしい話を皆がしてくれるでしょう。キャンセルの確認を受け取り、そしてオーダーが実行されたことを通知されることがあります。数秒後に」と、dcolkittは付け加えました。

「ゼロの残高を送信することもFTXの特別なものでした」と、別のユーザーであるVgatherpsは述べました。

今では、シンガポールの富裕層ファンドであるテマセクや伝説的なベンチャーファイナンシャルのタイガーグローバルなどの洗練された投資家たちは、2021年の熱狂的なブームによって魅了されたのか、バンクマン・フリードのビジョンによって売られたのかは不明です。

これらすべてが疑問を投げかけます:投資する前に誰もがFTXを使ったのでしょうか?