「サム・バンクマン・フリード氏は、裁判の開始まで刑務所に留まることになります」

Sam Bankman-Fried will remain in prison until the start of the trial.

サム・バンクマン=フリードは、来月の裁判開始前に釈放される試みが控訴裁判所によって拒否されました。

FTXの創設者であるバンクマン=フリードは、8月に保釈が取り消され、証人に対して妨害を試みた可能性があると判断されたため拘束されました。今月初め、その決定を覆すためのリクエストも却下されました。木曜日には、控訴裁判所もそれを覆すことを拒否しました。

「[バンクマン=フリード]は、拘留以外の制約の少ない代替策を地方裁判所が検討しなかったと主張していますが、私たちはそれを拒否します」という判決書は述べています。「記録は、地方裁判所が解放条件を繰り返し厳しくする必要があった期間における被告人の行動の経過を考慮したことを示しています。」

バンクマン=フリードの裁判は10月3日にマンハッタンの連邦裁判所で始まります。彼は暗号通貨取引所の運営と後の崩壊に関連する詐欺と陰謀の罪に直面しており、7つの容疑に対して無罪を主張しています。

この決定は、バンクマン=フリードにとって木曜日の2回目の逆風となりました。刑事事件の監督をしているルイス・カプラン判事は、彼の提案した全ての専門家証人を阻止するための検察官の動議を認めました。

弁護団は、いくつかの証人を再び証言台に立たせることを試みることはできますが、特定の障壁を乗り越えなければならず、米国司法省はまだ反対することができます。