「サム・バンクマン・フリード氏、裁判前に収監される」

Sam Bankman-Fried to be detained before trial

FTX創業者のサム・バンクマン・フリードは、10月の裁判を前に、連邦裁判所が保釈を取り消し、複数の金融犯罪容疑で拘留されることとなりました。

バンクマン・フリード氏は、FTX帝国の元CEOであり、米国司法省が彼を再び拘留するよう求めた後、金曜日に裁判所に出廷しました。司法省によれば、バンクマン・フリード氏は、保釈条件に違反したとして、複数の証人に干渉しようとしたとされています。司法省によれば、バンクマン・フリード氏が元FTX.USゼネラルカウンセルのライン・ミラーと連絡を取り、仮想プライベートネットワークを使用して、彼の弁護団の言葉を借りれば、スーパーボウルを観戦することは、彼の保釈条件の変更を要する十分な理由でした。しかし、最後の一線は、バンクマン・フリード氏が元アラメダリサーチのCEOであるキャロライン・エリソン氏の私的な日記の一部をニューヨークタイムズと共有したことでした。

バンクマン・フリード氏の弁護団は、彼がタイムズと一部の日記のページを共有したことを認めましたが、彼が証人に干渉しようとしていたわけではないと主張しました。弁護団はまた、バンクマン・フリード氏を拘留することは、彼の裁判の準備を困難にすると主張しました。

しかし、南ニューヨーク地区連邦地方裁判所の判事、ルイス・カプラン氏は、これらの主張には納得しませんでした。

バンクマン・フリード氏は現在、10月初めにワイヤーフラウド、商品詐欺、証券詐欺、マネーロンダリングおよび関連する共謀罪の裁判に臨む予定です。彼はまた、司法省による逮捕および引き渡し後に提起された追加の訴因に関して、来年3月に予定されている別の裁判も受けることになります。

検察と弁護側の特定の予備的手続きは、8月14日(月曜日)までに裁判所に提出する必要があります。