「FTX創設者のサム・バンクマン・フリードの刑事裁判スケジュールが明らかにされた」

Sam Bankman-Fried, founder of FTX, has had his criminal trial schedule revealed.

元FTXのCEOであるサム・バンクマン・フリード氏は、刑事裁判の一環として少なくとも21日間を法廷で過ごすことになります。新たに公開された裁判カレンダーによれば、裁判は10月4日から本格的に開始され、11月9日まで続きます。

裁判カレンダーは9月28日に公開され、10月3日から陪審員選考が始まります。バンクマン・フリード氏の公式な裁判の最初の日は10月4日であり、彼に対して提起された7つの詐欺容疑について議論が始まります。

訴訟当局は陪審員に対し、バンクマン・フリード氏が犯罪を犯したという証拠を提出する必要がある、具体的な2つの容疑があります。その他の5つの「共謀」容疑は、訴訟当局が陪審員に対し、バンクマン・フリード氏が犯罪を計画したという証拠を提出する必要があります。

10月には全15日間の完全な裁判日があり、11月にはさらに6日間があります。10月20日から10月25日までは法廷は開かれず、週末も休みです。また、10月9日と11月10日は公休日です。11月3日にも裁判は予定されていません。

United States vs. Sam Bankman-Fried trial calendar. Source: Courtlistener

バンクマン・フリード氏は、8月11日以来、メトロポリタン拘置所で予審拘留中です。彼の弁護士を通じて、バンクマン・フリード氏は今後の裁判の準備のための一時的な解放を求める数々の動議を提出しています。

彼の最新の申請は9月28日に再び米国地方裁判所の判事ルイス・カプランによって却下されました。カプラン判事は、若い年齢と有罪判決の場合の「非常に長い刑期」を考慮して、バンクマン・フリード氏が逃亡の可能性があると示唆しました。

「事態が悪化し始めると…逃亡を求める時が来るかもしれない」と述べました。

しかし、カプラン判事は、彼が弁護側の懸念に同情しており、バンクマン・フリード氏には証言が始まる前に裁判所に午前7時に到着し、弁護士と話をする許可を与えていると述べました。

関連記事:サム・バンクマン・フリード氏の一時的な解放申請が却下され、裁判日が迫る

9月28日の審理中、連邦検事補ダニエル・クドラ氏は、司法省がこの事件の所要時間を4〜5週間と評価していると述べました。

FTXの崩壊に続いて詐欺と共謀の7つの罪状で無罪を主張したSBF氏は、最高110年の懲役刑を科せられる可能性があります。

記事:預金リスク:仮想通貨取引所はあなたのお金を実際にどうするのか?