「サム・バンクマン・フリードは、麻薬使用についてのDOJの証人に質問することができる」

Sam Bankman-Fried can question the DOJ's witness about drug use.

サム・バンクマン・フリードの弁護士は、来月の詐欺裁判で司法省の証人に彼らの娯楽用薬物使用について質問することができると、裁判官は火曜日に判決を下しました。

ニューヨーク南部地区のルイス・カプラン判事は、火曜日の16ページの判決で、残りのほとんどの仮処分、つまり裁判前の動議を解決し、司法省が特定の証拠を提出することを認めました。また、弁護団が特権の問題について証人に対する反対尋問をブロックするための動議を却下し、バンクマン・フリードのチームが暗号通貨取引所の破産に関連する証拠をブロックするための動議を却下しました。

彼は司法省の動議を却下し、「証人に対する娯楽用薬物使用についての反対尋問をブロックする」と述べましたが、陪審員の前でその話題を取り上げることは事前に裁判所と政府に通知する場合を除いては許可しないと追加しました。

彼は、バンクマン・フリードがFTTトークンを作成しただけでなく、アラメダに大量のFTTトークンを保持するよう指示し、トークンの市場操作を支援したと示唆する証拠を司法省が提出することを許可しました。

彼は「暗号通貨トークンの操作は、アラメダの財務諸表の操作につながり、『共謀の一環である行為』と見なされ、したがって『起訴された行為そのものの一部』と考えられます」と述べました。「さらに、被告人が[元アラメダリサーチCEOキャロライン]エリソンにFTTの価格操作を指示したとされることは、彼らの『相互の信頼関係』の直接的な証拠です。この証拠の証明価値は、不当な偏見のリスクを上回ります。証拠は採用されます」と書かれています。

裁判官は、陪審員を左右する可能性のある特定の問題は陪審員指示で取り上げることができると述べ、要求があれば検討すると付け加えました。

彼は、バンクマン・フリードのメッセージングアプリでの自動削除ポリシーの使用は、FTX創業者の元弁護士の指示によるものであったという弁護団の動議については判断を保留し、司法省の特定の非公開の証言を証拠として提出するための動議を却下しました。司法省はこれらの証言を持ち出すことを試みることができますが、裁判官は具体的にどのような内容の証言かを知る必要があると述べています。

裁判は10月3日に始まる予定です。