サム・バンクマン・フリード氏は、バハマ最高裁判所が追加の司法省の起訴に異議を唱えることができると判断した

FTX創設者のサム・バンクマン・フリード氏に対する追加の米国起訴は、バハマ最高裁判所の判決により更なる延期を余儀なくされた。判決により、カリブ海からの引渡しの条件を司法的に審査することが許可された。

バンクマン・フリード氏は、11月に暗号通貨取引所が崩壊した後、法的に注目を集めていた。最初はワイヤー詐欺とマネーロンダリングの罪で引き渡しを求めていた米国検察官は、その後、銀行詐欺と賄賂などの罪を追加するよう要求した。

バンクマン・フリード氏は、すべての罪について無罪を主張し、追加の罪状に対しては法的な挑戦を行う権利があるべきだと主張している。

バハマ最高裁判事のロレン・クラインは、「原告が司法審査の手続きを開始することを許可する」と述べ、バンクマン・フリード氏の立場を支持するコメントをした。クライン氏は、「原告が提起したすべての主張には、実際に成功の見込みがあるという十分な理由がある」と述べた。

クライン氏は、法的手続きが終了するまで、バハマ政府は追加の罪状を追加することはできないと述べた。バハマ政府は、米国の要請に同意する問題は主権国家間の問題であると主張していた。クライン氏は審査が「迅速に行われるべきである」と述べたが、その結果を予想したくないと述べた。

バンクマン・フリード氏の弁護士であるマーク・コーエン氏は、「最高裁の指示に従って司法審査の申請を行い、バハマでの法的権利を追求し続けるつもりだ」と述べた。

コーエン氏は、バハマでの法的手続きは「数か月または数年かかる可能性がある」と警告しており、10月の米国での裁判日程を超過するか、または追加の罪状に対する弁護準備の時間が十分に確保できなくなることを意味する。

詳細はこちら:Sam Bankman-Fried’s Bahamas Litigation May Take ‘Months or Years,’ His Counsel Says

Parikshit Mishra氏による編集