「サム・バンクマン・フリードとFTXが、T.J.ミラー主演の新しいアニメコメディでスプーフされる」

Sam Bankman-Fried and FTX to be spoofed in a new anime comedy starring T.J. Miller.

もしFTXのドラマ化が運命づけられているように思えたことがあるなら、エンターテイメント業界も同じ意見です。昨年の腐敗した仮想通貨取引所の崩壊は、今後公開予定のアニメコメディ「FORTUN3」のインスピレーションとなっています。

このシリーズは、新興のWeb3スタジオであるToonstarによって作成されたもので、FTXが繁栄した仮想通貨ブロカルチャーをパロディ化したものであり、その主人公は元CEOであるサム・バンクマン・フリード(SBF)を部分的にベースにしています。

Comic-Conで発表された「FORTUN3」は、今年の秋に初公開され、簡単なお金の文化と抑制されないテクノロジーの楽観主義の産物であるSBFとFTXの起源の物語として機能すると、Toonstarの共同創設者兼CEOであるジョン・アッタナシオは説明しています。FTXのパロディに加えて、視聴者はメシアコンプレックスによって引き起こされた他のビジネスの失敗(例:テラノスとウィーワーク)に言及することができます。「シリコンバレー」で有名なT.J.ミラーがSBFのクローンの声を担当します。

アッタナシオはCoinDeskに対して、「[このシリーズ]は、カートゥーンに非常に適した実在のキャストに基づいています。ヘッドラインで見ることができるものをシリーズに取り込む予定です。」と語りました。

「FORTUN3」はToonstarの「インタラクティブシリーズ」の最新作であり、Web3を取り入れることでファンが創造的な体験に参加するための手段を提供しています。Toonstarは、NFTベースのアプリケーションを通じたコミュニティ参加をその主要な差別化要素と位置付けており、アッタナシオは、より広い観客に受け入れられるアイデアだと考えています。

彼は言います。「物語を通じて、暗号通貨に詳しくない人々にも魅力的な普遍的なテーマがたくさんあります。また、エンターテイメントがWeb3を一般化するのに役立つユースケースの一つだとも信じています。」

「FORTUN3」の場合、視聴者はオンラインゲームを通じてシリーズに参加することができます。このゲームにはNFTでアクセスできます。詳細なゲームプレイはまだ明らかにされていませんが、ショーの出来事によって深く影響を受ける市場が関与するでしょう。FTXの崩壊が現実世界に与えた影響を考えると、ファンは波乱万丈な展開を予想すべきです。

ミラーのほか、「FORTUN3」のキャストには、映画「ナポレオン・ダイナマイト」で最もよく知られるジョン・ヘダーと女優/モデルのアンバー・ローズも出演しています。ヘダーはVerified Labsというクリエイティブエージェンシーを共同設立し、ToonstarとWeb3プロジェクトでパートナーシップを組んでいます。彼らの最後のコラボレーション作品は「Space Junk」であり、ヘダーも出演し、4月にCoinDeskのConsensusカンファレンスで初演されました。

「Space Junk」での経験を通じて、Toonstarは人工知能(AI)とそのファンエンゲージメントの深化を加速させる可能性についての教訓を得ました。ToonstarのCOOであるルイザ・ファンは次のように述べています。「AIはコミュニティ参加のための非常に強力なコンパニオンツールです。AIコンパニオンを共同パートナーとして持つことは、コミュニティを活発に参加させるために非常に成功しています。『Space Junk』では、物語の創造にAIコンパニオンを使用しました。そして、AIを使用すると、ほぼ30倍のコンバージョン率が得られたことがわかりました。」

Comic-Conのデビューからミラーのキャスティングまで、Toonstarはこの新しいシリーズを自社で最も一般的なプレイに位置付けています。シリーズのタイトルは明らかに皮肉ですが、FTXの灰から「FORTUN3」がWeb3エンターテイメントで成功を築くことができれば、驚くべき適切さを示す可能性があります。

関連記事:大衆を魅了する方法:エンターテイメントがWeb3を一般化する方法

編集:トビー・リア・ボチャン。