「サム・オルトマン氏が正式にOpenAIに復帰し、ついにマイクロソフトも取締役会に加わる」

「サム・オルトマン氏が正式にOpenAIに復帰し、マイクロソフトもついに取締役会に加わる」

サム・オルトマン氏、OpenAIの創設者の一人が、突然で予期せぬ一時的な退職によって引き起こされた数週間にわたる騒動を終え、公式にCEOに復帰しました。

11月29日に公開されたOpenAIの社内メモにて、オルトマン氏は暫定CEOミラ・ムラティ氏が役職を辞任し、元の最高技術責任者に戻ることを確認しました。

オルトマン氏は、SalesforceのCEOブレット・テイラーを議長とする新しい初期の取締役会も明らかにしました。また、前米国財務長官であるラリー・サマーズと、社会的な質問と回答のウェブサイトQuoraのCEOであるアダム・ダンジェロも参加します。ダンジェロ氏は11月中旬に展開された事件の前からOpenAIの取締役会に在任していました。また、グレッグ・ブロックマン氏もOpenAIの社長としての役割を再開します。

「未来についてこれまで以上に興奮しています。この不明瞭で前例のない状況での皆さんの努力に非常に感謝していますし、私たちの回復力と精神は業界で私たちを際立たせていると信じています。私たちのミッションの達成に向けた成功の確率について本当に本当に良い気持ちです」とオルトマン氏は従業員に語りました。

マイクロソフトがOpenAIの取締役会に無投票の座席を得る

オルトマン氏は、マイクロソフトも新しい取締役会に無投票のオブザーバーとして参加することを明らかにしました。

「私たちは明らかにマイクロソフトとのパートナーシップを選んだ正しい選択をしたことを確信しており、新しい取締役会にマイクロソフトを無投票のオブザーバーとして迎え入れることに興奮しています」と彼は述べました。

取締役会のオブザーバーは、取締役会の会議に参加し、意見を述べることが許可されていますが、暗黙のうちに投票権はありません。アドバイザーとしての役割が大きいです。

ルーターズの11月29日の報道によると、当初マイクロソフトにはOpenAIから座席が提供される予定はなかったということです。マイクロソフトは、2019年以来ChatGPTの開発元であるOpenAIに130億ドルを投資しているにもかかわらずです。

関連記事: OpenAIが圧倒的な需要のためにChatGPT Plusの新規登録を停止

オルトマン氏は、技術の向上、製品の改善、および顧客へのより良いサービスをCEOとしての最優先事項として捉えると述べ、将来に向けて研究計画の推進に集中すると述べました。

同じ公式発表の中で、テイラー氏はOpenAIが「ガバナンス構造を強化し」「最近のイベントのレビューを監視するための独立委員会を設置する」と強調し、より安定性を提供するために取り組んでいると述べました。彼は、マイクロソフトの取締役会への追加が船を安定させるのに役立つことを期待しています。

「AIから安全性まで、ポリシーまで[…]この取締役会がマイクロソフトの無投票のオブザーバーを含むことを喜んでいます」と彼は述べました。

雑誌: AI Eye: 仮想通貨でのAIの実際の用途、GoogleのGPT-4のライバル、悪い従業員のためのAIエッジ