韓国の裁判所、LUNCが証券であるかを決定する予定- TerraformのShinの裁判が開始される予定

韓国でTerraform Labsの共同創設者であるダニエル・シン氏の裁判が始まる予定であり、検察はTerra Classic(LUNC)が証券であることを証明しようと決意しています。

シン氏(韓国名シン・ヒョンソン)は、6月10日に詐欺の罪で裁判にかけられることになっています。

そして、朝鮮日報とETodayは、法律専門家が法廷での「激しい」戦いを予想していると報じています。

韓国の法律では、現在、どの暗号資産も「証券」と分類されていません。

しかし、検察側の主張は、シン氏が投資家にトークンを販売する際にLUNC(旧LUNA)が「証券」であることを知っていたと証明することにかかっています。

シン氏は、シンガポールで会社を創設した2年後にTerraformプロジェクトから離れたと繰り返し述べています。

しかし、クラッシュの数週間前に行われたシン氏のビデオインタビューは、Terraエコシステムと彼自身の支払い会社であるChai Corporationとの継続的な関係を示唆しているようです。

検察が地裁にLUNCが証券であると説得することに成功しても、シン氏の法律チームには高等裁判所での二次裁判を追求する権利があります。

そして、これが失敗した場合、問題は最高裁判所に持ち込まれる可能性があります。

検察官は判決を上告することもできるため、法的な戦いは数ヶ月にわたって引き延ばされる可能性があります。

しかし、検察官たちは勝利を期待しています。

もし彼らが勝訴した場合、彼らはシン氏のTerraformの共同創設者であるDo Kwon氏に同様の罪状で訴えることを望むでしょう。

Do Kwon氏は現在、モンテネグロで偽造文書を持って旅行したとして裁判を待っています。

彼は、LUNCが「証券ではない」と主張し、彼に対する事件が「政治化された」と不満を漏らしています。

しかし、検察官は彼の韓国送還を求めています。

検察官たちは、シン氏を裁判にかけようとする彼らの努力に苦戦しています。

昨年12月、彼に逮捕状を発行するよう裁判所に働きかけた最初の試みは拒否されました。

当時隠れていたDo Kwon氏は、この判決をTwitterで喜んでいたと報じられました。

しかし、検察官たちはChaiから証拠を収集し、シン氏の自宅を家宅捜索した後、さらに試みを続けました。

しかし、問題はそこで止まりませんでした。

最初の裁判日は、元新聞記者である裁判官がシン氏と会話をしたことがあるため、5月26日に設定されました。

しかし、後に裁判日は延期され、裁判所も変更されました。

検察はどのようにしてLUNCが証券であることを証明し、何が賭け事であるのか?

報道によると、シン氏と検察双方が「専門家が[LUNC]を証券と見なすことができるかどうかについての意見を提出するよう要請した」と報じられています。

検察に意見を提出した匿名の「資本市場」専門家は次のように述べています。

「[LUNC]と[USDにペッグされたステーブルコインUST]の両方を証券と見なすのは合理的です。しかし、検察は[LUNC]についてのみ証明しようとしており、良い結果を得る可能性を高めたいと考えています。」

検察官たちは、シン氏が詐欺、信託違反、横領の罪状でのみ有罪であると考えています。

しかし、問題は、彼が資本市場法に違反したかどうかです。

これには、資本市場法には現在、暗号通貨に関する特定の条項が含まれていないため、LUNCが証券であることを証明する必要があります。

朝鮮日報は次のように説明しています。

「コインが証券投資契約を表すことが証明される場合にのみ、資本市場法を適用することができます。」

検察当局は、米国証券取引委員会(SEC)のTerraformに対する訴訟が裁判所に影響を与えることを期待しています。

SECは、LUNCとTerraコインを「暗号資産証券」と呼んでいます。

また、XRPが証券であるかどうかにかかっている長い法的闘いにも巻き込まれています。

しかし、Shinのチームは、4月に出たソウル南部地方裁判所の判決を考慮してほしいと望んでいます。その判決では、LUNCは証券と見なされないと判断されました。