ロシア人がウクライナ軍に暗号通貨を送信したとして、反逆罪に問われる

ロシア人が逮捕され、ウクライナの武装部隊に暗号通貨を送った疑いで反逆罪に問われることになりました。

ロシアの通信社タスが報じたところによると、この市民は(匿名の)ハバロフスク地方の住民であり、日本の海の向こう側に位置しています。

市民は、ロシアの秘密警察であるFSBによって拘束され、ウクライナの武装部隊にトークンを送った罪で起訴されました。

FSBの広報担当者は次のように述べています。

「ハバロフスク地方ソビエツコガヴァンスキー地区の住民が不法行為を行っているのを発見しました。この個人は、ロシア連邦の安全に対する行動に反する行動をとるウクライナの武装部隊に対する財政援助の形で反逆罪を犯しました。」

FSBは、この個人が「個人資産を移転するために暗号通貨ツールを使用している」最中に「停止」されたと述べています。

広報担当者は次のように述べています。

「(市民は)外国の慈善団体を介して、ウクライナの領土内に住む第三者を通じて寄付をしていました。」

ロシア人がウクライナ軍に暗号通貨を送り、航空機と弾薬を買った

FSBは、同組織が「ウクライナの武装部隊が無人熱像サイト、航空機、弾薬、医療用制服を調達するために資金を調達しようとしている」と述べています。

ロシア当局は、今年4月にはウクライナの戦争支援に関与した人々に対して新たな罰則を導入しました。

通常、反逆罪で有罪判決を受けた者は12年から20年の刑に処されます。

しかし、最近の刑法改正により、反逆罪が認められた者は終身刑を受けることがあります。

FSBの捜査部門は、「この個人に対して刑事訴訟を開始した」と述べています。

この問題に関する他の調査手続きは、引き続き進行中です。

ウクライナ政府は、暗号通貨を保有する国際的な支援者に対し、Crypto Fundなどのイニシアチブを設立することで戦争支援を呼びかけています。

いくつかの主要な暗号通貨関連企業も、ウクライナ支援のための暗号通貨寄付プラットフォームを立ち上げています。

一方、ロシアは、制裁を回避し、自国経済のドル離れを図るために、取引企業が暗号通貨で商品を売買するためのインフラを構築しようとしています。

そして、同国の警察や検察当局は、新たな暗号通貨没収権限を付与される予定です。