ロシアの検察官が暗号通貨没収の権限を獲得する予定ですが、問題があります

ロシアの検察当局は、捜査官が暗号通貨を押収し、犯罪者のトークンを処分することを許可する予定であり、財務省はその利益を期待しています。

しかし、法律専門家は、検察官がコインを処分しようとするときに問題が発生する可能性があると指摘しています。

メディアのVedemostiは、4月に最初に検察総局の提案について報告しました。

検察総局の司法部長であるMadina Dolgieva氏は、「法律の改正なしに」規則の変更が可能になると述べました。

改正には議会の承認が必要になります。

そして、4月以来、計画は進展しているようです。Stavropol Plusが今週報告しました。

一流の学者は、押収された暗号通貨資金はおそらく財務省に送られるだろうと述べました。

ただし、その専門家は、トークンをフィアット通貨に変換することは困難である可能性があると述べました。

メディアは、ロシア連邦大統領経済アカデミーのStavropol支部の准教授であるDiana Bersey氏の引用を掲載しました。

Bersey氏は次のように説明しています。

「Dolgieva氏は、関連する変更は『政府の命令により』行われる可能性があると信じています。つまり、刑法の変更は必要ありません。」

しかし、学者は次のように付け加えました。

「[Dolgieva氏]はまた、押収された後、連邦執行官サービスが押収したコインを販売できるように、執行手続きに関する法律を改正する必要があると考えています。」

ロシアでは、まだ暗号通貨に法的地位がありません。

しかし、過去の民事および刑事事件の裁判所の判決では、コインが「財産」の地位を持つと判断されています。

専門家は、検察官がトークンに対して同様の見方をする可能性があると主張しています。

これは、彼らが「資産」としてそれらを押収できることを意味します。

Dolgieva氏は、既存の「押収メカニズム」を微調整することで、「捜査機関」が「独自の暗号通貨口座とウォレットを開設することができる」と述べました。

彼女は、これらのウォレットを使用して、裁判所の承認を待つ間、コインを保持することができると述べました。

ロシアの検察官に新しい暗号通貨の権限が与えられる-モスクワは何を計画しているのか?

ロシアの議員たちは、国際貿易におけるトークンの使用を合法化することを望んでいると述べています。

彼らはまた、年内に産業用の暗号通貨マイニングを合法化したいと考えています。

しかし、暗号通貨懐疑論者である中央銀行は、まだ障害を提供する可能性があります。

今月初め、セキュリティ企業は、ロシアの急成長するP2P市場で1日あたり約3億ドル相当の暗号通貨取引が提供されていると主張しました。