香港の仮想通貨ライセンスへのラッシュは、まだ求人に繋がっていない:採用担当者

仮想通貨企業は、香港への参入を熱望しているように見えるかもしれませんが、採用担当者によると、その熱意はまだ現地採用に繋がっていません。

6月1日、約150社が現地の仮想通貨取引プラットフォームの運営を許可するローカル仮想通貨ライセンスを取得するために並んだ。報道によると、一部の企業は最大2500万ドルもの費用を費やしてライセンスを手に入れている。

大手人材紹介会社のHaysのマネージングディレクターであるスー・ウェイ氏は、Kocooとのインタビューで、取引所は香港に拠点を構築しようと努力している一方で、業界の採用ニーズは現在「軽い」と述べた。

「多くのWeb3企業はまだ開発の初期段階にありますが、スケールアップと成熟化が続くにつれて、求人の増加が予想されます。」

実際、ウェイ氏によると、仮想通貨市場の下落以降、同社は「技術人材の採用依頼の減少」を目の当たりにしているという。

特に、大量の人材が「一斉に解雇された」時には、一部の人々が「仮想通貨の価格に主に依存するビジネスの不安定な性質」により、仮想通貨企業での就労に消極的になったと彼女は述べた。

同様に、仮想通貨の採用担当者であるCryptorecruitの創設者であるニール・ダンドン氏も、香港では「あまり活気を感じていない」と述べた。

「規制は変わったものの、ベンチャー活動は現在非常に低いです」と彼は言った。「底打ちしたように感じられますが、これから上昇傾向になると予想しています。」

マイケル・ページ香港のマネージングディレクターであるオルガ・ヤン氏も、政府の最近の推進にもかかわらず、「Web3の求人における大幅な増加」をまだ見ていないと述べた。

ただし、ヤン氏は、2023年第2四半期の中旬から後半にかけて、Web3企業が「法務およびコンプライアンスの採用」を求めているのを「わずかな増加」に注意している。

才能争奪戦が始まる

将来を見据えて、Web3の人材が地域に殺到するまでには6か月かかると、Web3採用会社Proof of Searchの創設者であるケビン・ギブソン氏はKocooに語った。

「最近、多くの専門家が香港を離れています」とギブソン氏は説明した。彼は現地の人材プールが薄く、香港に進出する企業は「極度の人材戦争に巻き込まれることになる」と述べた。

香港での設立には主要な役職が常勤のポジションである必要があります。ギブソン氏は、Web3企業が「計画通りに進めば、プロ仮想通貨の管轄地に本社を移す可能性が高いため」、2024年まで「人材不足」が続くと考えています。

都市の人口動態の最新データは、2020年以降の人口成長率がマイナスであることを示しています。2023年第1四半期の雇用統計によれば、空缶数は去年の同じ時期と比較して約38%増加しました。

ヤン氏は、主な課題は「これらの分野に興味を持つ人材を引きつけること」であり、現在の市場の感情に鑑みて多くの候補者がリスク回避的なのが難しいと述べた。

関連記事: 香港がWeb3開発を推進するためのタスクフォースを設立

一方で、香港フィンテック協会の会長であるニール・タン氏は、「最近、いくつかの人々がトラッドFiから仮想通貨にスイッチした」と述べた。

タン氏によれば、多くの人々は直接仮想通貨企業から接触を受けたり、LinkedInなどのサイトを利用して求人を見つけたりしている。

「トラッドFiは毎年または2年ごとに人数を削減し続けています」とタン氏は付け加えた。「そのため、安定性は以前ほど魅力的ではないかもしれません。」

「香港の仮想通貨とWeb3の分野では、非常にポジティブなニュースがたくさんあると多くの人々が言っており、彼らは一発を狙う覚悟ができているとのことです。」

アジアエクスプレス: 火币が…火币を訴える?3ACが復活、韓国の暗号通貨感染