「SECがイーサリアム先物ETFの承認を予定しているとの噂 – クリプトクラッシュ後にETH/BTCが反発」

Rumors of SEC planning approval for Ethereum futures ETF - ETH/BTC rebounds after crypto crash.

ビットコインがデリバティブ取引所で最大の清算イベントであるFTXの崩壊以来、24,000ドルの地域まで下落した市場全体のクラッシュの後、驚きのニュースが入った。

ブルームバーグの独占記事で、ヤフーファイナンスによってシンジケートされ、SECが「イーサリアム先物ETFを承認する」と報じている。

イーサリアムETFは承認されますか?

その見出しだけで、イーサリアムの価格はBinanceでの最低価格1,550ドルから急騰し、Bybitで1,465ドルに達し、執筆時点で1,700ドルをわずかに下回るまで戻った。

ETH/BTCは現在1%上昇しているが、過去24時間でETH/USDTはまだ6%下落しており、7.5%下落しているビットコインよりも下落している。

Bloombergの記事の残りのテキストは完全には結論付けられていない:

「二番目に大きい暗号通貨に基づく先物契約に基づく製品を規制当局がブロックすることはない、と関係者は述べた。ボラティリティ・シェアーズ、ビットワイズ、ラウンドヒル、プロシェアーズなど、約十社がETFを立ち上げるために申請した。どのファンドが承認されるかはすぐにはわからない。関係者は、10月までに複数のファンドが承認される可能性があると示唆している…」

イーサリアムETFの承認が10月まで確定しない場合、まだ祝福の理由はないかもしれないと、一部のトレーダーがソーシャルメディア上でコメントしている。

米国のビットコインまたはイーサリアム先物ETFは、スポットETFに比べてクリプトスペースにとってはあまり好感を持たれていない。

元SEC役員は最近、「いかなる種類のビットコインETFも近い将来、おそらく2024年以降には承認されないだろう」と述べた。

暗号通貨価格の暴落

イーサリアムETFのニュースの前に行われたビットコインの売却は、中国のエバーグランデの破産申請と、イーロン・マスクのスペースXがビットコイン保有を売却したという噂が原因であり、これらの情報も正確でない可能性もある。

フラッシュクラッシュ以降、イーサリアムの価格は一部の取引所で17%上昇し、市場はデイリークローズに向けてイベントを処理する中で推移している。

アップデート – イーサリアムは1,680ドルで、ビットコインは26,610ドルで終了した。

  • ヴァルキリーファンドがイーサリアムストラテジーETFを立ち上げることを検討中