噂:Fidelity Investmentsが大規模な暗号通貨の動きを準備中、予想されること

資産運用会社のFidelity Investmentsは、暗号市場の中核を揺るがす可能性のある大規模な動きを計画していると報じられています。WhaleChartによると、同社は2つの大規模な動きを準備しており、そのうちの1つまたは両方を近く達成することを望んでいます。月曜日の朝の発表は次のようになっています:

“Fidelity Investmentsは、Bitcoin ETFの申請を準備し、Grayscaleの買収提案を提出する予定です。”

Fidelity Investments、米国のデジタル資産市場支配に熱心

世界第3位の資産運用会社であるFidelityは、常に暗号に熱心であることを示してきました。2014年以来、Bitcoinのマイニングを行ってきましたが、2018年には暗号に特化した部門であるFidelity Digital Assets(FDA)を立ち上げ、2020年には欧州にも展開しました。

FDAを立ち上げて以来、Fidelityは、デジタル資産への投資を促進するためのさまざまな提供やイニシアチブを導入しています。しかし、最終目標は市場支配である可能性があります。特に最近の出来事を考慮すると、FidelityがGrayscaleの買収を検討しているか、BitcoinのスポットETFの申請を考えているという報告は、より良いタイミングで出てきたということになります。

世界最大の資産運用会社であるBlackRockも最近、BitcoinスポットETFの申請を行いました。それは6月15日のことでした。両社が成功すれば、長期間にわたって米国のデジタル資産市場を支配する可能性があります。

より良い時代がやってくる

米国証券取引委員会は、過去にBitcoin ETFの申請をいくつか拒否しています。Fidelity自体も2022年1月に最初の提案が却下されました。しかし、これらの拒否は主に市場操作の可能性に対するSECの懸念に基づいています。

しかし、Fidelityは、スポット市場からBitcoinの価格を設定することに依存すると報じられている信頼できる伝統的な企業であるため、SECが考えを変える可能性があります。さらに、SECのゲンスラー委員長の解任を求める議員がいる今、Fidelity Investmentsが戦略的に申請している可能性があります。

疑いようのないことは、Bitcoin ETFの承認は、Fidelityだけでなく、すべてのBitcoin保有者にとっても大きな勝利となるでしょう。まず第一に、承認はフラッグシップの暗号通貨にさらに正統性を加えます。しかし、さらに重要なことに、小売および機関投資家からの大量の新しい投資の流入につながります。長期的には、Bitcoinの価格が大幅に上昇することが予想されます。

それでも、現在のすべての人々の心配事は、伝統的な企業が徐々に暗号を支配しているかどうかです。