Robinhoodは、SECの訴訟で名前が挙がった3つのトークンに対するサポートを終了します

暗号通貨と株式取引アプリのRobinhoodは、米国証券取引委員会(SEC)が仮想通貨取引所のBinanceとCoinbaseに対して最近法的措置を取った際に未登録証券としてラベル付けされたCardano、Polygon、Solanaのサポートを終了すると発表しました。

6月9日のアップデートで、Robinhoodは検討の後、6月27日から3つのトークンのサポートを終了すると述べました。Twitterのスレッドで、同社はCoinbaseとBinanceの訴訟を理由に、SECの行動を特に挙げ、トークンに不確実性の「雲」をもたらしたと説明しています。これらのトークンは、Robinhoodがサポートしている唯一の3つのトークンです。

Robinhoodは、「私たちは暗号通貨の将来を信じており、米国で規制上の明確さを引き続き提唱して、顧客がより自信を持って市場に参加できるようにすることを目指しています」と述べました。

今週初め、SECは暗号通貨企業BinanceとCoinbaseを提訴しました。SECは、これらのプラットフォームで取引されている多数の暗号通貨が未登録証券であると主張しています。これには、Robinhood Cryptoで現在サポートされている3つのトークンも含まれます。 (1/4)

— Robinhood (@RobinhoodApp) June 9, 2023

6月5日、SECは未登録の証券を提供しているとしてBinanceを提訴しました。規制当局は、米国の暗号通貨取引所であるCoinbaseにも同様の主張を行い、Cardano(ADA)、Polygon(MATIC)およびSolana(SOL)を含む13のトークンを未登録証券として名指ししました。

元SEC委員であり、Robinhoodの最高法務担当および企業広報担当官であるダン・ギャラガーは、2021年6月の議会聴聞会で、米国で登録されたブローカー・ディーラーとして運営する現在の方法は、「困難な暗号通貨のやり方」であると証言しました。彼は、SECが暗号通貨企業に提示した道筋は、Robinhoodが試みたときでも追いにくいものだったと付け加えました。

Gallagherは、「SECのGary Gensler委員長が2021年に「登録して来て」と言ったとき、私たちは登録しました」と述べ、「私たちは特別目的のブローカー・ディーラーを登録するために16か月間SECのスタッフと協力しましたが、3月にそのプロセスが終了し、その努力の成果を見ることはできないと告げられました」と付け加えました。

関連記事: SECの訴訟:SECが証券と見なす暗号通貨は67種類に上る

SECの訴訟は、デジタルアセット企業を扱う方法に関して、規制当局のアプローチに不一致があるとして、多くの暗号通貨ユーザーの怒りを引き起こしました。例えば、Coinbaseに対する訴訟は、同取引所が2019年以来未登録の証券ブローカーとして運営していたと主張している一方で、同社は2021年4月に上場しています。

また、Binance.USとBinanceのCEOであるChangpeng Zhaoも、BNB(BNB)を含むトークンの未登録のオファーやセールに関する役割を理由として、SECの訴訟の対象となりました。米国法人は、SECの「極めて攻撃的で脅迫的な手法」に対抗して、米ドルの入金を停止すると6月8日に発表しました。

雑誌: Crypto regulation: Does SEC Chair Gary Gensler have the final say?

</