経済不安の中、従業員が仮想通貨を選びビットコインで支払われる給与の増加

人事業界の幹部は、現在のハイパーインフレーションと政治的ジレンマが世界各地で問題となっているため、従業員がビットコイン(BTC)で給与を受け取ることを望んでいると指摘しています。

最近の銀行の破綻や法定通貨の変動性により、人々はUSD Coin(USDC)のようなステーブルコインを選択する傾向にあると、情報筋はKocooに語りました。

いくつかの著名なスポーツ選手や政治家は、既にビットコインの形で月額給与の一部を受け取ることを選んでいます。ニューヨーク市長のエリック・アダムスは選挙後、最初の3回の給与をBTCで受け取ると誓いました。アメリカンフットボール選手のオデル・ベッカム・ジュニアは、NFLの給与全額をビットコインで受け取ることを選択しました。

goLanceのCEO兼共同創設者であるマイケル・ブルックスは、成長する暗号通貨教育、資産クラスとしての認知度の向上、新興のテクノロジー開発などの要素が、不安定さに関係なく、一般の人々が暗号通貨の給与に移行するきっかけになったと述べています。

「政治的不安定、ハイパーインフレーション、制約のある金融システムを経験している地域では、取引の代替手段として暗号通貨の使用が増加しています。」

goLanceは2021年以来、従業員に暗号通貨で給与を支払っています。

グローバルな給与支払いおよび採用会社のDeelのCOOであるダン・ウェストガースは、キャリブアンなどの通貨の乱れがあり、時代遅れの銀行システムを抱える国々は、従業員に支払い手段としてビットコインのような代替手段を求めていると述べています。

Deelのデータによると、暗号通貨の引き出しの最も多い地域は、高いインフレ率で悪名高いラテンアメリカであり、2023年1月から5月までの間に暗号通貨の引き出しの54%が行われました。

同社は昨年、契約業者への支払いを彼らが選択した通貨に直接変換するために、暗号通貨プラットフォームのCoinbase Global Inc.と提携したと述べています。

暗号通貨の給与は魅力的です

暗号通貨は分散化されているため、暗号通貨で資金を提供する給与システムは、雇用主と従業員の両方に利益をもたらします。国境を越えた支払いは迅速であり、仲介業者を必要とせず、数分で売却または変換することができます。

さまざまな国の選ばれた企業は、従業員に暗号通貨の給与を奨励しています。例えば、オーストラリアのIT企業であるSequoia Holdings LLCは、サードパーティの給与処理業者と提携し、従業員が一部の報酬をビットコインで受け取ることを許可しています。

ゴールドマン・サックスは2022年の予測リストで、ビットコインが「おそらく」時間の経過とともにより大きな割合を占めるだろうと述べています。

暗号通貨で報酬を受け取ることの利点は、税金の軽減または免除、多様化の選択肢などがありますが、規制とコンプライアンスの問題、および価格の変動性は、暗号通貨収入者にとって繰り返し現れる課題です。