デジタル銀行Revolutは、規制上の不確実性を理由に、米国の顧客向けの暗号通貨サービスを一時停止する予定です

Revolut, a digital bank, plans to temporarily suspend its cryptocurrency services for US customers due to regulatory uncertainties.

出典:AdobeStock / Ascannio

クリプトに対応した英国のネオバンク、Revolutは、アメリカの顧客向けのクリプトサービスを停止する予定を発表しました。

デジタルバンクは、市場の不確実性と国内規制環境の変化を理由に、クリプトサービスの一時停止を発表しました。

イギリスに拠点を置くこのFintech企業は、Revolutの広報担当者がBloombergに語ったところによれば、USのユーザーによるアプリを介した仮想通貨の購入機能を、9月2日から一時停止するとのことです。

アプリ上の仮想通貨保有へのアクセスは、1ヶ月後に完全に無効化されることになります。

広報担当者は次のように述べています。

「アメリカの進化する規制環境とクリプト市場の不確実性のため、米国のRevolutを通じた仮想通貨へのアクセスを一時停止するという困難な決定を、米国の銀行パートナーと共に下しました。」

広報担当者によると、この決定はRevolutの全体的なクリプト顧客の内、1%未満に影響を与えるとのことです。デジタルバンクは世界中に約2500万人の顧客を抱えています。

アメリカでの規制強化がクリプト市場で加速

アメリカのクリプト業界は最近、規制の強化が進んでいます。

この厳しい監視は、注目すべきスキャンダルやさまざまなプロジェクトの崩壊によるものです。

米国証券取引委員会(SEC)や商品先物取引委員会(CFTC)などの規制機関は、バイナンスやコインベースなどのクリプト企業を相次いで訴え、規制に違反したと非難しています。

同時に、伝統的な金融機関は、クリプトセクターとの関わりに伴う潜在的なリスクについて、米国の銀行規制当局から警告を受けています。

Revolutはすでに多くの仮想通貨を上場廃止していた

先に報じられたように、イギリスのデジタルバンクRevolutは、ADA、Matic、SOLなどの仮想通貨を米国での取引から削除していました。

Revolutは7月時点で30の仮想通貨を提供していました。Fintech企業はまた、9月にさらに多くの仮想通貨を上場廃止する予定でした。

今年の初めに、米国のSECはこれらの仮想通貨を未登録の証券と分類しました。

Revolutの米国のパートナーバンクは、Revolutの公式ウェブサイトで示されているように、Metropolitan Commercial Bankです。特筆すべきは、Bakkt Holdings Inc.のApex Cryptoユニットが仮想通貨サービスを提供していることです。

ネオバンクの広報担当者はDecryptに対して次のように述べました。

「Revolutは積極的に代替手段を追求し、将来的にアメリカで再びクリプトを提供することを望んでいます。」

規制環境のため、いくつかの主要なクリプトサービスプロバイダーは、アメリカ国内の顧客へのサービス提供に課題を抱えています。

例えば、6月には、主要なグローバル仮想通貨取引所であるCrypto.comが、北米の機関顧客向けのサービスを停止すると発表しました。