「共和党と民主党、下院でステーブルコインの立法を協力」

Republican and Democratic parties collaborate on legislation for stablecoins in the House

出典:Pixabay

共和党と民主党は、アメリカでのステーブルコインの規制に関する提案法案について合意する可能性があります。

アメリカ下院金融サービス委員会の上級メンバーである法案起草者は、共和党が州ごとにステーブルコインを規制する法案を求めていると述べ、この問題が法案の進展に大きな障害にはならないと述べました。

保守派の党も、民主党と同様に、法定通貨に裏付けられたデジタル通貨の規制について「最低限の規制」を作成することに同意しています。

以前は、民主党と共和党は提案された法律について合意に達していないと報じられていました。

アメリカの下院金融サービス委員会は、ステーブルコインと仮想通貨の取引に関する規制枠組みを作成する法案についての予定された投票を変更しました。

アーカンソー州の共和党代表ジェームズ・フレンチ・ヒルは、ステーブルコインの規制に関する州の進路を容易にしたいと述べ、「しかし、私たちの議席の他側の同僚の言葉を引用すると、『最低限の規制』は望んでいません」と付け加えました。ヒルは、ワシントンに拠点を置くシンクタンクであるアトランティック・カウンシルのオンラインイベントでこのコメントを述べました。

現行の案により連邦準備制度理事会がステーブルコインを監督

フレンチ・ヒルは、現行の案のバージョンでは、米連邦準備制度理事会がステーブルコインの規制を強制または検証する権限を持っていることを指摘しました。

以前、米連邦準備制度理事会の議長ジェローム・パウエルは、中央銀行が支払いトークンの規制に関与すべきだという証言を米議会で行いました。

民主党の上級議員であるコネチカット州代表のジム・ハイムズも、同じイベントで同様の考えを示しました。彼は、ステーブルコインの規制に関する州対連邦の政策論争を認めつつも、この論争が提案された法案の成立を阻止する大きな障害にはならないと述べました。

両議員は、アメリカでのステーブルコインと仮想通貨市場の包括的な規制枠組みが7月末までに進展することを期待しています。

来週の下院でのステーブルコイン規制の投票

下院金融サービス委員会は、今週行われる予定だったステーブルコインと仮想通貨に関する法律案の投票を延期しました。

委員会の事務所に送られたスケジュールのメモによると、法案の投票と討論は現在、7月26日に予定されています。

もし法案が来週の下院金融サービス委員会の投票で可決されれば、提案された法律案は上院に移り、民主党の承認が必要です。法案が成立するためには、バイデン政権の承認も必要です。

提案された法案は、米商品先物取引委員会(CFTC)が現在の米証券取引委員会(SEC)よりも仮想通貨に対する広範な監督権限を持つことを認めるものであり、これにより現行の国内での規制方法が完全に変わる可能性があります。