更新された制度的関心:ブラックロックのビットコインETFの申請後、暗号通貨の流入が急増

デジタル資産に裏付けられた投資ファンドは、先週199百万ドルがセクターに追加され、1年で最大の週次流入を記録しました。

コインシェアーズの最新のファンドフロー報告書によると、この流入は2022年7月以来最大であり、前の9週間の流出のほぼ半分を占めています。

前週にはセクター全体で510万ドルの正味流出があったため、先週の大量流入は前週と比べて大きな変化です。

コインシェアーズの報告書によると、流入の急増は主にビットコイン(BTC)に裏付けられたファンドによって引き起こされ、その週に1億8700万ドルが流入し、前週の正味流出の500万ドルから上昇しました。

先週の合計流出額の94%を占めたビットコインの流入は、他の暗号資産に比べて、暗号資産に裏付けられたファンドの投資家にとってビットコインがどれだけ優勢であるかを示しています。

興味深いことに、先週最大の流出を記録したカテゴリーは、ショートビットコインファンドであり、ビットコイン投資家のセンチメントが最近大幅に改善したことを示しています。

一方、多数のデジタル資産に裏付けられたバスケットによるファンドの流入は810万ドル、イーサリアム(ETH)に裏付けられたファンドの流入は780万ドルでした。

国別フロー

先週最大の流入は、ドイツからの8550万ドルであり、前週の240万ドルの流入から急増しました。

リストに含まれる次の国は、それぞれ5890万ドル、4530万ドルの流入責任があります。

BlackRock ETF申請がセンチメントを高める

流入は、世界最大の資産運用会社であるブラックロックが、6月15日にスポットビットコインETFを上場する申請を提出した後に発生しました。

「私たちは、高プロファイルのETP発行者からの最近の発表が、米国証券取引委員会に物理的に裏付けられたETFを申請したことによると考えています。」とコインシェアーズは報告書でコメントしました。

それに加えて、暗号資産に裏付けられたファンドの総資産は、3 Arrows Capitalの崩壊以前の最高値である370億ドルに達したと述べています。