「楽天グループ、支払いとポイント事業をクレジットカードユニットに統合する」

Rakuten Group integrates payment and point businesses into credit card unit.

楽天グループは、日本の電子商取引セクターで注目されるプレーヤーであり、確立されたクレジットカード部門である楽天カードの下で支払いとポイント事業を統合する計画を発表しました。この戦略的な動きは、同社の財務能力を向上させ、上場を含む将来の可能性のための基盤を築くことを目指しています。

同社は現在、コアの電子商取引事業から相当な収益を上げているにもかかわらず、運営を維持するのに苦労しています。楽天の財務問題は、競争の激しい日本市場で足場を築くのに苦労した携帯電話事業への投資に起因しています。その後、同社は12四半期連続で財務的な課題に直面しています。

楽天の資本形成強化戦略

資本を形成するための追求の中で、この日本の電子商取引複合企業は、人気のあるインターネットバンキング子会社である楽天銀行を含むさまざまな事業部門の上場の可能性を探ってきました。同社は、支払いとポイントを楽天カードの下で統合することにより、財務業務を効率化するための積極的な手段を講じています。この統合は、楽天の市場地位を強化し、戦略的な連携の機会を創出するため、2023年11月1日に予定されており、最終的には財務上の障害を乗り越え、ビジネスの展望を再活性化するために貢献することが期待されています。

「本日の取締役会において、楽天グループ株式会社は、2023年11月1日を効力発生日として、楽天ペイ(オンライン決済)事業および楽天ポイント(オンライン)事業を会社分割することを決議いたしました」と同社は述べています。

統合される支払いとポイント事業は、同社の提供するサービスの中心に位置しています。これらの部門は、顧客に幅広いオファリングを提供するために設計されています。ユーザーは楽天のクレジットカード取引、ショッピング、保険サービスを通じてポイントを獲得することができます。それに対して、ポイントは食料品の購入、請求書の支払い、旅行の予約に使用することができます。

楽天、2023年第2四半期の財務成績を発表

これらの事業を統合する決定は、楽天が第2四半期の財務成績を発表するタイミングと重なっています。同社は著しい経済的な改善を示しました。発表によれば、日本の電子商取引巨大企業は、四半期における最高の連結売上高である4972億円を達成し、前年同期比9.7%の驚異的な成長を遂げました。

非GAAPベースの第2四半期の営業損失は394億円であり、前年同期比で410億円の著しい改善を示しています。財務的な利益は、コスト管理の慎重な運用、ローミング費用の最適化、楽天モバイルの基地局ネットワークの成熟によってもたらされました。連結非GAAPベースのEBITDAは33.6億円で、前年同期比で503億円の堅調な成長を記録しています。

財務の業績報告に加えて、楽天は最近、2022年3月以来CEOとして同社のモバイル事業部門を率いてきたタレク・アミンの退任を発表しました。アミンの退任は、楽天がダイナミックなモバイルセクターで堅固な地盤を築く上での継続的な課題を示しています。