『Pyth Oracle Networkがエアドロップ後に業界の大物をガバナンスに招待』

『Pyth Oracle Networkがエアドロップ後に業界の重鎮をガバナンスメンバーとして招待』

Pythは、ブロックチェーンに低遅延の価格データを提供するオラクルサービスで、11月には9万以上の仮想通貨ウォレットに新しいPYTHガバナンストークンを配布しました。このトークンは、Pythのガバナンスプロセスを分散化するために導入されました – このシステムでは、トークン所有者がプラットフォームの進化について投票することができます。

今週発表された「戦略的な資金調達」ラウンドの結果として、仮想通貨業界の大手企業、ベンチャーファーム、マーケットメーカーなどの一部の主要プレーヤーがこの新しいシステムで大きな影響力を持つことができるかもしれません。Pythの開発に焦点を当てたスイスの非営利団体であるPyth Data Associationは、Castle Island Ventures、Multicoin Capital、Wintermute Ventures、Borderless Capital、CMT Digital、Bodhi Ventures、Distributed Global、Delphi Digitalなどの仮想通貨業界の重要人物から資金を調達したとCoinDeskに伝えました。

Pyth開発者であるDuoro LabsのCEOであり、Pyth Data Associationのディレクターでもあるマイケル・カヒルはインタビューで、新しいパートナー全員がPYTHトークンを受け取ったと述べました。カヒルはラウンドでData Associationが調達した資金の具体的な金額を明かすことはしませんでしたが、Data Associationの新たな共同出資者は、プラットフォームの発展に対してPYTHトークンを利用して影響力を行使する可能性があります。

Pyth Data Associationは、声明の中で「このラウンドにより、Pythコミュニティは分散型資本市場の進化を推進するために新たなステークホルダーと個人に拡大します。新たなステークホルダーは、新しい資金源へのアクセス、ガバナンスとプロトコルの改善への参加、戦略的な指導を通じてネットワークの成長を支援します。」と述べています。

カヒルはインタビューで、「Data Associationの新しいパートナーは、Pythの方向性を形成し、真に分散化した視点からこれを推進できることに興奮しています。」と述べました。

Pythは2021年にSolanaブロックチェーンでローンチし、その後45のブロックチェーンに拡大しています。カヒルによると、Pythはオラクルを使用する全アプリケーションの25%を現在サービスしています。オラクルは、現実世界のデータ(Pythの場合は株式、商品、通貨の価格データ)をブロックチェーン上に取り込むための重要なブロックチェーンインフラの一部です。

現在のオラクルのリーダーであるChainlinkとは異なり、Pythはサードパーティではなく第一級の金融企業(Pythの貢献者の多くは取引業界の大手企業です)から直接データを取得しています。このソースから直接データを収集する方式とPythのアーキテクチャの他の要素の組み合わせは、プロトコルに全体的なスピードの優位性を与えるよう設計されており、これはChainlinkの支配的な市場ポジションを脅かし、スタグナントな仮想通貨市場を現代の金融の要求に合わせるのに役立つ重要な要素となるでしょう。

Pythは、主要なシカゴのトレーディング会社であるJumpの仮想通貨部門であるJump Cryptoによってインキュベートされました。Cahillによれば、Duoro Labsの設立とともに独立したエンティティとして分離し、現在はPythプロトコルの開発に専念しています。