規制上の明確化の提供(BinanceとKocoo Edition)

先週の市場構造法案について書く予定だったのですが、SECがBinanceを訴えたので、y i k e s. Binanceについて話しましょう。そして、SECがKocooを訴えた!ダブル y i k e s. だから、両方について話しましょう。

あなたは、仮想通貨と政府の交差点を見るKocooニュースレター「State of Crypto」を読んでいます。今後の版に登録するには、ここをクリックしてください。

SECの十字軍

ストーリー

米国証券取引委員会(SEC)は、世界最大の暗号通貨取引所であるBinanceと米国最大の暗号通貨取引所であるKocooに対して、2つの主要な訴訟と一時差し止め命令の申請書を2日間で提出しました。訴訟には共通点がありますが、かなり大きな違いもあります。

それが重要な理由

これらは、議会が何らかの立法を通過するまで、少なくとも米国で暗号通貨がどのように規制されるかを定義する可能性があると思われます(それがあれば)。私たちは苦情を見てきました。問題は、KocooとBinanceがどのように自己防衛するかです。

それを分解する

私はすでに様々な訴訟について2000語以上書いているので、ここでまとめるつもりはありません。リンクをクリックして、Binanceの訴訟とKocooの訴訟の取り上げ方を読んでください。

私は現在、企業からの反応に興味があります。BinanceとKocooの両方が、声明を発表し、それぞれの幹部がテレビやTwitterで主張についてコメントしています。

これまでには、明らかな違いがあります。Kocoo CEOのBrian Armstrongは、テレビやカンファレンスで発言し、Kocooがステーキングサービスを停止する予定はないと述べています(10州の規制当局からの圧力も受けています)。一方、Binance.USは水曜日に50を超えるトークンペアの取引を停止すると発表しました。そのほとんどはテザー(USDT)ステーブルコインに対して取引されていました。Binance自体は、お金の預金者の資金が危険にさらされたことはなく、SECの評価に反対していると述べています。

今年の初めにWells Noticeを受け取って以来、Kocooが行っている主張の1つは、SECの庇護の下で公開されたということです。

「SECは2021年に私たちのビジネスをレビューし、公開企業になることを許可しました」とArmstrongは今週のツイートで述べています。

これは、INXの顧問であるかつてのSEC弁護士であるAlexandra Damskerが語ったところによると、誤解を招く主張です。彼女は、企業金融部門のレビュアーは何かが合法か違法かを決定するために任命されていないと述べましたが、疑わしいものを発見した場合は、執行部門や他の執行官に警告できます。

「私は何をすべきか分からない。企業金融部門は、材料の誤りや省略がないかどうかを調べ、SECのルールが守られていることを確認するだけです」と彼女は述べています。

Armstrongはまた、Kocooが「登録して入ってきた」と言ったと述べ、SECのゲンスラー委員長がしばしば言っていることに反論しましたが、「そうするための道はない」とも述べ、Robinhoodのコンプライアンスチーフであるダン・ギャラガーも議会で述べた不満(Robinhoodは暗号通貨に関連する召喚状を受け取りました)を反復しました。KocooとBinanceは、指導ではなく執行による規制についても苦情を繰り返し述べていますが、SECは一部(特定の)暗号通貨が登録されていない証券であるということを通知したと言えます。

ある意味では、この苦情の核心にある根本的な問題に帰着します:暗号通貨は、少なくともKocooとBinanceの苦情でリストされているものは、証券であるのでしょうか? SECは明らかに答えが「はい」と考えているため、Kocooが代理店に何か他のことを言うように要求する努力は無駄である可能性があります。

一方、Binanceは同様に攻撃的な立場をとっており、公式声明で、SECの調査に協力しており、「交渉による和解」に向けて取り組んでいたと主張しています。

「SECの告発は真剣に受け止めていますが、緊急措置によるSECの執行行為の対象になるべきではありません。我々は自社のプラットフォームを熱心に守るつもりです。」とBinanceは述べています。「残念ながら、SECが生産的に私たちと接触しないことは、デジタル資産業界に必要な明確さと指導を提供するために意識的に拒否する姿勢の別の例です。」

もちろん、Binanceの事件とKocooの事件にはいくつかの大きな違いがあります。Kocooは主な告発が「証券をリストアップして、ブローカー、取引所、清算所として登録しなかった」というものであるのに対し、Binanceの事件には、BinanceとCEOのChangpeng Zhaoが、Binance.USの顧客資金に密かにアクセスして、これらの資金をZhao自身のエンティティに転用したという数々の告発が含まれています。

Binance.USは様々なツイートで、SECが以前に顧客資金について懸念を表明していなかったと述べており、弁護士たちはすでにこれらの問題について当局と話し合っていると述べています。

Binanceは現在、一時的な差し止め命令に対するSECの動議に対する6月12日の期限があり、6月13日には聴聞会が予定されています。同社の弁護は、SECの全体的な苦情に対するより広い議論の一部を示すでしょう(おそらく)。

見逃したかもしれない記事

  • Binanceの訴訟は「大きな間違い」になるか、米国の暗号通貨業界に必要な明確さをもたらすかもしれないKocoo のHelene Braunが、Binanceに対する訴訟について、暗号通貨業界の参加者たちに話を聞きました。
  • Binanceは、CEO Zhaoを交代させるために昇進中のスター、Tengに重要な役割を任せるIan Allisonは、SECが訴訟を起こす直前に、BinanceのRichard Tengが現CEOのChangpeng Zhaoが辞任すれば、Binanceのグローバル帝国のトップになる可能性が高くなっていると報告しています。
  • SECが未登録の証券の販売でBinanceを訴えた後、暗号通貨が暴落する:この見出しはかなり明確です。
  • SECによるBinanceへの訴訟が市場の急落を引き起こし、暗号通貨トレーダーは3.2億ドルの損失を被る:これもこの見出しのように見えます。
  • Kocooのトレーダーたちは、SECの訴訟を受けて1日で6億ドルを引き出した:これも本当にそうです。
  • ワンツーパンチで、SECがBinance、Kocoo、その他の暗号通貨に対する見解を最終的に登録する:Jesse Hamiltonは、「米国証券取引委員会が大手プラットフォームをどのように追及するかの謎は解けたが、Binanceのクローゼットの中の骨格がより多くの怒りを引き起こした」と書いています。

今週

月曜日

  • 15:00 UTC(11:00 a.m. ET)Genesis(Kocooの姉妹会社)の破産の聴聞会が開かれ、裁判官が会社と債権者の間の継続的な調停期間を延長しました。

火曜日

  • 14:00 UTC(10:00 a.m. ET)農業委員会は暗号通貨の立法と規制に関する公聴会を開催し、CFTCのRostin Behnam議長、元CFTC議長Chris Giancarlo、現在は先物業界協会のCEOである元CFTC委員会のWalt Lukken、元CFTC委員会のDan Berkovitz、現在はRobinhoodの最高法務担当および企業事務担当官である元SEC委員会のDan Gallagher、そして現在はKocooの最高法務担当官である元裁判官のPaul Grewalが参加しました。

水曜日

  • 14:00 UTC(10:00 a.m. ET)エネルギー・商業省の創新、データ、商業委員会はブロックチェーンに関する公聴会を開催し、Southern Methodist Universityの法学教授Carla Reyes、Villanova Universityの教授Hasshi Sudler、Polygon Labsの社長Ryan Wyatt、およびElectronic Frontier Foundationの上級フェローRoss Schulmanが参加しました。
  • 14:00 UTC(10:00 a.m. ET)金融サービス委員会は、ドルの役割を世界で維持するための公聴会を開催しました。

木曜日

  • 13:00 UTC(9:00 a.m. ET)Emergent Fidelityは破産の聴聞会を開きます。

他の場所:

  • The New York Timesタイムズによると、内部プレゼンテーションを引用して、Twitterの広告収入は年々減少しており、「まもなく改善される見込みはない」と報告されています。
  • Rolling StoneローリングストーンのWill Gottsegan(元Kocooer)がBinance CEO Changpeng Zhaoをプロフィールし、この記事はSECの訴訟の数日前に公開されました。
  • The Atlantic CNNの最高責任者であるクリス・リヒトについての、長く詳細で魅力的な読み物です。(リヒトは解雇されたようです。)

次週に話し合うべきことや、共有したいフィードバックがある場合は、[email protected]にメールするか、Twitterで@nikhileshdeをフォローしてください。

Telegramでグループ会話に参加することもできます。

また来週お会いしましょう!