「検察官がサム・バンクマンフリードの裁判の陪審員指示の提出を行う」

Prosecutors submit jury instructions for the trial of Sam Bankman-Fried.

米司法省は、サム・バンクマン・フリードの10月の裁判に向けた陪審員への指示書を提出しました。これは、彼が新たな訴状で起訴される前日に行われました。

検察官は、月曜日の遅い時間に「政府の指示要求」というタイトルの文書を提出しました。これは、過去の様々な陪審員への指示書から適応されたものであり、サム・バンクマン・フリードの事件を担当するニューヨーク南部地区の判事であるルイス・カプラン判事の過去の発言も含まれています。FTXの創設者は、ワイヤー、証券および商品詐欺の共謀からマネーロンダリングの容疑まで、7つの異なる罪状に直面しています。

月曜日の提出書では、バンクマン・フリードに対して挙げられた各罪状が詳細に説明され、具体的な犯罪と共謀犯罪の違いも説明されています。

提案によれば、具体的な犯罪は「被告人が実際に犯罪を犯したか、または犯そうとした」とされていますが、共謀罪は他の個人との合意が必要です。

続きを読む: サム・バンクマン・フリード、毎日の釈放を求めて再び裁判所に戻る

提案された陪審員への指示書は、有罪判決を下す場合に陪審員が留意すべき事項も明記しています。具体的には、詐欺計画があったこと、被告人がその計画に「故意にかつ意図的に参加した」こと、被告人が州間ワイヤー(インターネットも含む)を使用したことです。

バンクマン・フリードは現在、10月初旬に裁判が行われる予定です。最近、カプラン判事が保釈を取り消し、彼を拘留しました。判事は、かつてのFTX CEOが保釈条件を破り、FTX.USのゼネラルカウンセルであるライン・ミラーに連絡を取り、元アラメダリサーチCEOであるキャロライン・エリソンの日記をニューヨークタイムズと共有したと判断しました。

編集:サム・レイノルズ。