「FTX創業者の仮釈放請求は拒否されるべきだと検察は主張する」

Prosecutors argue against granting bail to FTX founder.

アメリカ政府は9月27日、サム・バンクマン・フリード(SBF)と彼の代理人が10月3日の裁判前に一時的な釈放を求める請願に異議を唱えるという内容の手紙をルイス・カプラン判事に送ったことを明らかにしました。判事は本日後に双方の主張を聞く予定です。

政府は提出された9月25日の請願を拒否するようカプラン判事に求めました。

政府は、被告が自らの弁護に「有意義に参加できない」と主張し、それによって釈放が正当化されるという主張は、「被告の前の行動を考慮すると、釈放条件がもたらす危険性に比べて重要性がない」と述べました。

「危険性」とは、「地域社会への危険性および/または逃亡の危険性」とされています。また、政府は「再請願は」一般的な主張を再利用しており、過去に同様の要求に対して裁判所が異議を唱えた2回の事例を挙げています。

最初の事例は9月12日で、SBFが即時釈放を求めた請願が多くの要素により却下されたことです。

これには、「被告が裁判前に7か月半もの間、保釈が取り消される直前まで電子的証拠に広範なアクセスを持っていた」という点や、彼がアクセスできないと主張する具体的な資料についての詳細を提供していないという点などが含まれています。

関連記事: サム・バンクマン・フリード氏、リークされた文書で「私は正しいと思ったことをした」と発言

2つ目の言及された事例は9月21日で、2つの判断を下すための3人の判事からなる第2巡回連邦控訴裁判所がSBFの釈放要求を却下し、「説得力がない」と判断したことです。

検察当局はまた、この2回目の却下において控訴裁判所が「被告が18 U.S.C. § 1512(b)に違反して2人の証人を妨害しようとした疑いが有力であり、具体的にはこれらの証人に対して違法な意図を持って行動したと結論づけた」とも強調しました。

この「背景」に基づき、政府は再請願が最初の請願と同じ欠点を抱えていると同意しました。

バンクマン・フリードのニューヨーク市での刑事裁判は10月3日に予定されており、この裁判では彼のFTXとアラメダリサーチでの活動中に発生した7つの詐欺関連の訴因に直面することになります。

2024年3月には別の刑事裁判で5つの追加訴因について審理されます。SBFはすでに全ての告発に対して無罪を主張しています。

マガジン: 預金リスク:仮想通貨取引所は実際にどのようにお金を扱っているのか?