プロビットコインのフロリダ州の男性、フランシス・スアレスは大統領選に参加します

マイアミ市長であり、知られた暗号通貨支持者であるフランシス・スアレスは、2024年のアメリカ大統領選挙に出馬する意向を示す書類を提出しました。

彼は、元アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏や、ビットコイン(BTC)支持者であるフロリダ州知事のロン・デサンティス氏などとともに、共和党大統領候補をリードするために競うことになります。

スアレスは、米連邦選挙委員会が公開した書類によると、2021年6月14日に正式に書類を提出しました。

二つの世代、一つの旗、無限の誇り。 #FlagDay pic.twitter.com/bFKosiOEH7

— Mayor Francis Suarez (@MiamiMayor) June 14, 2023

スアレスは、2023年6月16日にカリフォルニア州シミバレーのロナルド・レーガン大統領図書館で講演し、より深い大統領計画について話す予定です。

関連記事: ロン・デサンティスは暗号通貨にとって良い存在か?共和党はビットコインを選挙の一部に

2022年6月には、スアレス氏はビットコインがグローバル通貨になる可能性があると発言し、過去には自身の給与をビットコインで受け取っています。

スアレス氏は、2022年1月に「マイアミコイン」にも関与し、マイアミ市民はデジタルウォレットを通じて購入し、ビットコイン配当を受け取ることができます。

雑誌: 暗号通貨の規制-SEC委員長ゲンスラー氏が最終的な決定権を持つのか?