プライバシーはBitcoinのコア機能ではありません- KuCoinのCEO

KuCoin取引所が強制的な顧客確認(KYC)チェックの導入を準備している最中、同社のCEOは、プライバシーはBitcoin(BTC)の最も重要な特徴ではないと主張しました。

“Bitcoinの創造の目的に関しては、プライバシーはただの1つの特徴に過ぎないと考えています。” KuCoinのCEOであるJohnny Lyuは、7月4日のKocooとのインタビューで語りました。

Lyu氏によれば、Bitcoinの中核的な利益はプライバシーではなく、取引単位であり、これにより保有者は景気後退に対するヘッジを行うことができます。CEOは、Bitcoinが2008年の金融危機の後に作成されたと述べ、それはアメリカのサブプライム住宅ローン危機が引き起こしたものであったと説明しました。”これらの出来事がBitcoinの誕生につながりました”、Lyu氏は指摘しました。

一部の人々は、過度に厳格なKYCプラクティスはプライバシーを制限する可能性があるため、ユーザーにとって良くないと考えるかもしれませんが、KuCoinのCEOは、そのような方針がユーザーの資産のセキュリティを向上させるために有用であると信じています。

“KYCは、公衆の資産を保護し、2つの異なるレベルで資産が保護されることを目的としています”、Lyu氏は述べ、以下のように付け加えました:

“第1のレベルは所有権であり、お金が自分のものであることを知っています。第2のレベルは、盗難の場合に資産を実際に追跡できることです。したがって、資産を失った場合、私たちは追跡の源泉を特定し、その源泉がクリーンであることを確認できます。”

暗号通貨業界は、物理的な世界とますます関わり合いを持つようになるため、コンプライアンスが必要であるとKuCoinのCEOは述べました。

“したがって、暗号の全体的な開発サイクルにおいて、KYCは避けられないステージであり、非常に健全です”、Lyu氏は付け加えました。

KuCoinは、2023年7月15日からプラットフォーム上のすべての新規ユーザーに対して強制的なKYCチェックを導入すると、6月末に正式に発表しました。KYCを完了しない場合、新規登録ユーザーはKuCoinの製品やサービスにアクセスすることができません。同時に、既存の非KYCユーザーは取引はできますが、新たな資金の入金は制限されます。

KuCoinの新しいKYC制限は、CEOによれば、短期間でプラットフォームの取引量に影響を与える可能性があります。

関連記事:TRM Labsによると、違法な暗号通貨活動の選択肢としてのBitcoinはもはやない

“私たちは、ルールがより厳格になり、一部の顧客に対して厳しくなると、一時的に一部の顧客が去ることを理解しています”、Lyu氏は述べました。ただし、KuCoinは長期的には暗号通貨取引所のコンプライアンスに対して楽観的な姿勢を維持しており、次のように述べました:

“しかし、長期的には、よりコンプライアンスのある資金とユーザーが将来この業界に参入することになります。これは、誰にとってもドアを開き、ユーザーをより安全にします。”

KuCoinによると、現在プラットフォームには2700万人のユーザーがおり、1年前と比べて35%増加しています。KYCアップグレードの発表後、KuCoinの取引量はCoinGeckoのデータによれば、約5億4000万ドルから6600万ドル以上に大幅に増加しました。

雑誌:Web3 Gamer:スーパーマリオ-暗号の泥棒、セガのブロックチェーンゲーム、AIゲームの権利争い