Polygon LabsがOpenAIのChatGPTの協力を得てCopilot AIアシスタントを発売しました

スケーリングプラットフォームであるPolygonは、人工知能(AI)の競争に参加し、Polygon Copilotと呼ばれるAIアシスタントを立ち上げました。 Copilotのインターフェースは、OpenAIのGPT 4を統合しており、簡単な言語を使用して製品と対話するための簡単な方法をユーザーに提供します。

公式リリースによると、Polygon Copilotは、新規および経験豊富なユーザーに対してプレイフィールドを平準化するのに役立ちます。Polygonはまた、Copilotの有用性を広範囲のユーザーにアピールしています:

「Polygonプロトコルの広範なドキュメントでトレーニングされたPolygon Copilotは、エコシステムの異なる側面にわたる貴重な洞察、分析、およびガイダンスを提供します。基本を把握したい場合や、高度な機能を探索したい場合、Polygon Copilotはすべてのレベルのユーザーに対応します。」

Polygonは、Copilotを異なる「ペルソナ」に分割して、各ユーザーの経験レベルに対応しています。たとえば、Copilotには、Polygonエコシステムに慣れていないユーザー向けの簡単な言語を使用した初心者のペルソナがあります。初心者ペルソナは、いくつかのエコシステムコンポーネントについてのガイダンスを提供し、プラットフォーム上で基本的なビルディングを手助けします。さらに、ミンティング、スマートコントラクト、コーディング、およびいくつかの高度な機能に精通したユーザーおよび開発者向けのAdvancedペルソナがあります。

最後に、Degenペルソナは、ウォレット、NFTコレクション、および分散型アプリケーション(dApps)に関する分析と洞察に興味がある人向けです。

Polygon Copilotの透明性と成長のための保護

Polygonは、スパムを防止するためにCopilotが提供する回答を制限しています。これらの回答は、AIアシスタントの計算負荷を軽減するためにも制限されています。ただし、Polygonは、フィードバックを共有したり、ソーシャルタスクに貢献する意思のあるユーザーにクレジットを提供しています。幸運なユーザーには、追加のクレジットも利用可能です。

Polygonチームは、Copilotに関する透明性を約束しています。アシスタントには情報源が含まれており、ユーザーが簡単に検証できます。さらに、Copilotは初期のクエリに関連する質問を提案することで、ユーザーを同様の主題や興味のある領域に関与させます。

Polygonは、将来のCopilotのバージョンが、アナウンスされた3つのペルソナ以上に対応するようになると述べています。さらに、ユーザーは、タスクの自動化を含むAIアシスタントの機能を拡張するプラグインを楽しむことができます。

Web3 AIアシスタント

Solana Labsは、ChatGPTによって動力を与えられたAIプラグインを立ち上げました。Solanaによると、このプラグインは、非代替可能トークン(NFT)を購入してリストし、データを解釈し、フロア価格によってコレクションを見つけ、トランザクションを検証するのに役立ちます。さらに、この機能は、ブロックチェーンからデータを読み取るRPCノードと連携して、ユーザーの保持するSOLトークンの価格範囲内で利用可能なNFTを調べることができます。

EthereumブロックエクスプローラーであるEtherscanが最近立ち上げたCode Readerも、ChatGPTを統合したAI機能の1つです。現在ベータ版ですが、Code Readerは、特定のコードセクションや関数に対するAIプロンプトを生成することで、ユーザーがスマートコントラクトのソースコードを特定できるように支援します。ただし、Etherscanは、ユーザーが生成された情報を単純に信じたり、証拠として依存しないように警告しています。