Polygonを買うのは遅すぎるでしょうか?MATIC価格が24時間で5%上昇し、Green Crypto Chimpzeeが80万ドルのマイルストーンを突破しました

Polygonを買うのは遅いですか?MATIC価格が24時間で5%上昇し、Green Crypto Chimpzeeは80万ドルのマイルストーンを達成しました

Polygonロゴ / 出典:Adobe

市場時価総額においてイーサリアム最大のレイヤー2スケーリングプロトコルであるPolygonのネイティブトークンであるMATICの価格は、CoinGeckoによると過去24時間で5%以上上昇しました。

MATICは最後の取引で0.74ドルをわずかに上回り、4月以来初めて50日移動平均線(DMA)の北に位置しています。この仮想通貨は、米国証券取引委員会(SEC)が実際には証券であると主張したことによる6月の損失を解消し続けています。

MATICはSECのFUD(恐怖、不確実性、疑念)による前の水準である0.90ドル近くからまだ16%以上下落していますが、この仮想通貨は6月の0.50ドル付近の安値からすごい45%以上上昇しています。

素晴らしい反発を受けて、暗号通貨投資家はディップ(下落)を買い逃したのかと尋ねています。

ポリゴンを買うのは遅すぎるのでしょうか。

ポリゴン(MATIC)を買うのは遅すぎるのでしょうか?

6月のディップを買わなかった暗号通貨投資家は、簡単な近く50%の利益を逃してしまいましたが、まだポリゴンを買うのは遅すぎるとは言えません。

なぜなら、この仮想通貨はまだ前年の高値から50%以上下落しており、いくつかの近期の抵抗レベルを突破できれば、今後数カ月で100%以上の利益を上げる可能性があるからです。

前述のように、MATICは50DMAを回復しましたが、0.74ドル付近の2022年末/2023年初の安値で強い抵抗を感じています。

もし、この抵抗を乗り越えることができれば、年初の高値と5月の安値である0.81ドル付近の下降トレンドを突破し、200DMA(約1.0ドル)に向けて迅速な上昇が可能になり、その後、年初の高値である1.50ドル台に向けて上昇する可能性が開けてきます。

もちろん、MATICが主要な近期の抵抗レベルに到達すると、一部のベアはこれをショートポジションを追加する魅力的なレベルと見るかもしれません。

SECのFUDが続いているため、年初の安値である0.50ドルの再テストを無視してはなりません。

近くの短期的な抵抗にもかかわらず、MATICを買うのは遅すぎるとは言えませんが、非常にリスキーなプレイであることには変わりありません。

考慮すべきポリゴン(MATIC)の代替案 – Chimpzee(CHMPZ)

Chimpzeeは、今年の最も注目すべき慈善活動に焦点を当てたWeb3プロジェクトの1つとして、暗号通貨の世界で波を起こしています。

このプロジェクトの高い需要を持つプレセールは、Cryptonews.comやBusiness 2 Communityなどの信頼できるニュースメディアのアナリストたちによって、今年のベストプレセールの機会の1つと評価され、現在800,000ドルを超えました。

Chimpzeeは、ユーザーや支持者が動物を救い、気候変動と戦いながら収益を得ることができる破壊的な暗号プラットフォームです。

この慈善活動に焦点を当てたWeb3プラットフォームには、Chimpzeeのグッズストアで報酬を得る「ショップ・トゥ・アーン」、非代替可能なトークン(NTF)のマーケットプレイスで報酬を得る「トレード・トゥ・アーン」、そして「ゼロ・トレランス」と呼ばれるゲームで報酬を得る「プレイ・トゥ・アーン」が特集されます。

プレセールは現在第7段階にあり、投資家は迅速に動かなければなりません。114.45万ドルを超えると、$CHMPZトークンの価格は0.0007ドルから0.000775ドルに上がります。

Chimpzeeを訪れる

免責事項:暗号通貨は高リスクの資産クラスです。この記事は情報提供のために提供されており、投資助言を提供するものではありません。資本をすべて失う可能性があります。