デジタルユーロへの不安から、スロバキアは憲法に現金ルールを追加することを決定しました

6月15日の議会投票で、スロバキアは現金使用の権利を法定化することになりました。

この新しい法律は、「私たちは家族です」とも呼ばれるSme Rodina党によって提供され、提案されたデジタルユーロに対する予防措置として草案が作成されたと報じられています。

欧州ニュースエージェンシーEuractivの報告によると、法律の共同筆者の一人である立法者のMiloš Svrčekは、議会の議論中に議員に対して、改正が必要であると語り、スロバキアの金融主権を守るために憲法に規定があることが非常に重要であると述べました。

「外部からのいかなる命令に対しても、デジタルユーロのみが認められ、他の支払い方法は認められないという命令に対して将来的に自己防衛できる憲法上の規定があることは非常に重要です。」

現金使用の権利を法定化する法律と並行して、Euractivは、スロバキアが憲法を改正して、店主が商品やサービスの支払いに現金を拒否する権利を強化すると報じています。これは、強盗や細菌の感染から店主を保護し、カード専用の自動販売機を提供する店舗に対して現金受け入れ法の例外を提供することを意図しているとされています。

欧州連合は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)またはデジタルユーロの導入を長期間検討してきました。議会の研究を代行するアナリストらは最近、この問題を「問題を探している解決策」と表現しましたが、将来的にこのオプションを追求する準備をするようEUに勧めました。

デジタルユーロの開発と実装の潜在的な問題の中でも、最も大きな論点の1つは、その通貨が完全に中央集権化されるという考えであり、したがって、それを用いた取引を一つの政府機関が管理できるということです。一部の専門家は、これが個人のプライバシーに対する本質的な脅威を示すと考えています。

関連記事:ECBのトップがフェイク・ゼレンスキーとのビデオ・チャットで明かしたとおり、CBDCは「支配」に使用される

競合の問題もあります。CBDCは、口座プレミアムや本質的な取引手数料を徴収することなく、伝統的なデジタルバンキングツールに限定的またはアクセスできない可能性のある市民に力を与えることができますが、アンダーバンクド向けのクレジットソリューションを提供する企業や民間セクターの銀行にとって潜在的な脅威となります。