支払い中心のフィンテックスタートアップ、Innovitiは、事業の促進のために2500万ドルの資金調達に目を向けています

Innoviti Technologiesは、インドのフィンテックスタートアップであり、関係者によると、同社の評価額が約3億5000万ドルに達する可能性がある新たな資金調達ラウンドを検討していると、Bloombergは6月28日に報じました。

レポートによると、同社はビジネスの提供拡大と市場支配力の向上を目指して、資金調達ラウンドで約2,500万ドルを調達することを目指しています。

このスタートアップは、Infosys Ltdの投資部門であるCatamaran Venturesを含む有名なベンチャーキャピタリストに支えられ、2002年にRajeev Agrawalによって設立されました。全国の企業向けに支払い管理ソリューションを提供しています。

昨年、同社はDシリーズの資金調達ラウンドで4,500万ドルを調達し、2022年11月時点で約1億6300万ドルの評価額を達成しました。この支払いに焦点を当てたスタートアップ企業は、現在、評価額と市場ポジションを向上させる新たな資金調達ラウンドを計画しています。

Innovitiは新たな資金調達で貸付事業を拡大する計画

また、計画中の資金調達に加えて、Innovitiは、いくつかの早期投資家が約2,500万ドル相当の株式を売却する可能性も検討していると、Bloombergに関係者が伝えました。

議論はまだ初期段階にあるものの、同社は資金を利用して顧客基盤を拡大し、新製品を導入することで貸付事業をさらに発展させる計画を示しています。なお、計画中の資金調達ラウンドの詳細は変更される可能性があります。

Innovitiは、インドのフィンテック業界における重要なプレーヤーの一つとして、現在の成功を活かして市場での存在感を高めることを目指しています。計画中の資金調達ラウンドの結果は不確定ですが、同社は著名な投資家からの強力なサポートと実績があり、将来の成長に有利な位置にあります。

この動きは、インドのいくつかの著名なスタートアップが内部の課題や論争に直面している時期に行われています。教育テクノロジー企業であるByju’sは、最近、監査人と3人の取締役が1週間以内に辞任するなどの不振に直面しました。同社は遅延していた財務報告のタイムリーな発表と会計プロセスの強化を通じて、投資家に安心感を与えるための努力をしています。

また、別のフィンテック企業であるBharatPeも、共同創業者とその妻に対する架空請求や会社資金の着服などの疑惑に巻き込まれました。

Innovitiは年間100億ドル以上の取引を処理

同社のウェブサイトによると、Innovitiはインドの2,000以上の都市で年間100億ドル以上の取引を処理しています。

この企業は、小規模および家族経営の小売業者に対して短期的な運転資本を提供するインド初のデジタル貸付プラットフォームの一つでした。前述のように、同社は地域の顧客にさらなる貸付事業を拡大する計画です。

Innovitiは、20年以上にわたり技術を活用した支払いソリューションと先進的なPOS端末を提供する先駆者として活動してきました。革新と顧客中心の姿勢への確固たる取り組みにより、同社は事業、オフライン小売業者、小売業者にとって信頼できるパートナーとなっています。

同社は、銀行やデジタル決済プロバイダーとの戦略的な提携を通じて、既存の支払いエコシステムに自社のサービスを統合し、シームレスで効率的な体験を提供しています。