Paxfulは、暫定CEOのRoshan Dhariaの任命を発表しました

グローバルなピアツーピアのビットコインプラットフォームであるPaxfulは、共同創業者で前CEOであったRay Youssef氏の辞任に先立つ短期間のシャットダウン期間の後、Roshan Dharia氏を新しい代行CEOに任命したことを発表しました。

Bitcoin Magazineに送信されたプレスリリースによると、Dharia氏は、企業の運営強化や戦略的な代替案の検討に責任を持つことになります。同様の役割で長年の経験を持つDharia氏は、「PaxfulのCEOに就任できたことは、大変名誉なことです。過去8年間、Paxfulはビットコインの実際のユースケースを確立し、その過程で何百万人もの人々を助けてきました。」と熱意を示しました。

以前は、TrustToken(現在はArchblockとして知られています)のシニアエグゼクティブであり、DeFi機関向け貸付ビジネスを率いていたDharia氏は、特定の分野に特化した投資プラットフォームPTHL Affiliatesを設立し、倒産した民間企業の買収と再建に特化していました。

PaxfulのカストディアンであるSrinivas Raju氏は、Dharia氏のリーダーシップに対して自信を表明し、「RoshanがPaxfulに加わり、会社の日々の管理を引き継ぐことを喜んでいます。彼のリーダーシップの下、ビジネスが100%に本当に役立つ金融システムを構築し続けることを確信しています。」と述べました。

PaxfulでのYoussef氏の最近の辞任は、現在同社のCOOである共同創業者のArtur Schaback氏との間で多岐にわたる告発や法的紛争が原因とされています。

Paxfulは2015年の設立以来、プラットフォームで数十億ドルの取引を促進し、世界中の1200万人以上のユーザーを獲得してきました。