「パラダイム、SECをバイナンス訴訟で規則を回避することを非難」

Paradigm condemns the attempt to circumvent regulations in the Binance lawsuit against the SEC.

ベンチャーキャピタルファームのパラダイムは、現在の仮想通貨取引所バイナンスに対する米国証券取引委員会(SEC)の法的措置において、標準的な規則作成手続きを迂回していると批判しました。

9月29日金曜日に発表された声明で、パラダイムは、SECが苦情の中での主張を使って法律を変更しようとしているが、確立された規則作成プロセスに従っていないと指摘しました。パラダイムは、SECが規制の範囲を超えていると確信しており、この戦術に強く反対していると強調しました。

6月にSECはバイナンスに対して法的措置を開始し、取引所、ブローカーディーラー、クリアリング機関としての必要な登録なしでの運営など、証券法違反を複数の点で非難しました。パラダイムはまた、SECが最近さまざまな仮想通貨取引所に対して同様の事件を追及していることを強調し、SECの立場が「証券法の理解をいくつかの重要な側面で根本的に変える可能性がある」との懸念を表明しました。

Paradigmの友意のある意見書のスクリーンショット 出典:Paradigm

さらに、パラダイムはSECのハウイテストの適用に関する懸念点を強調しました。SECは、ハウイテストをよく活用して取引が投資契約の基準を満たし、証券規制の対象となるかどうかを判断しています。ハウイテストは、1946年の米国最高裁判所の果樹園を巡る事件に由来しています。

パラダイムの友意のある意見書では、多くの資産が利益の見込みに基づいて積極的にマーケティング、購入、取引されていることを主張しています。それにもかかわらず、SECはこれらの資産を証券として分類しないよう常に免除してきたと述べました。さらに、金や銀、美術などの例を挙げ、単に価値の上昇の可能性があるだけであっても、それらの売買を証券取引として分類することは本質的にはないと指摘しました。

関連記事:バイナンスのロシア買収者は所有者について口を閉ざし、CZの関与を否定

USD Coin(USDC)の発行元であるサークルは、バイナンスとSECの間の現在進行中の法的紛争に参加しました。サークルは、安定コインを証券と分類すべきではないと考えています。

サークルは、これらの資産を証券として分類すべきではないと主張し、安定コインを取得する個人は利益を得るために行っていないと述べました。

雑誌:仮想通貨規制:SEC議長ゲンスラーに最終判断権があるのか?