Q2にDeFiのハッキングや詐欺で204百万ドル以上が失われたとの報告書があります

2023年第2四半期には分散型金融(DeFi)のハッキングや詐欺により、Web3ポートフォリオアプリであるDe.Fiの6月27日の報告書によると、2億4,000万ドル以上が失われました。

「Q2 De.Fi Rekt Report」と題されたこの報告書は、De.Fiの「Rekt Database」のデータを一部利用しています。初期の損失額は2億8,500万ドルでしたが、4,500万ドルが起訴やハッカーとの取引、その他の回収方法により回収されました。

報告書によると、2023年第2四半期のDeFiハッキング件数は、2022年同期の17件に対して117件と、前年同期の約7倍に増加しました。2023年上半期には合計6億6,500万ドル以上が失われています。

第2四半期の上位5つのハッキングは、Atomic Wallet、Fintoch、MEV-Boost、Bitrue、GDACに対するものでした。6月3日のAtomic Walletの攻撃が、総額の約17%にあたる3,500万ドルを負担しました。Fintochのユーザーは、ラグプルからの損失が3060万ドル、そしてMEV-Boostの攻撃が2610万ドルの負担につながりました。これら3つの攻撃により、第2四半期の約45%の損失が発生しています。

関連記事: Sturdy Finance、資金が返金された場合にハッカーに100,000ドルの懸賞金を提供

De.Fiによると、損失の最も一般的な原因は「アクセス制御の問題」であり、攻撃者がウォレットの不正な制御を取得した問題が主な原因でした。これにより、損失額の4分の1にあたる7580万ドルが発生しました。2番目に一般的な原因は、Exploitで、合計5530万ドルでした。Q2では、ラグプルまたは出口詐欺により4730万ドルがユーザーから失われました。

DeFiのハッキングや詐欺による損失は、第1四半期よりも第2四半期の方が小さかったです。CertiKによると、1月から3月までに3億2,000万ドル以上が失われたと報告されています。