Ordinalsは、NFT業界をBitcoinにもたらすことを目指しています

Ordinalsプロトコルは、Bitcoin界隈で話題を集めています。新しいプロトコルは9,000,000以上のインスクリプションを急速に集め、Bitcoinブロックチェーンに任意のデータを埋め込むことができます。また、NFT業界からの注目を集めるだけでなく、OrdinalsはBitcoinを送信するために必要な手数料を大幅に増加させ、高い手数料環境に対してBitcoinがどのように対処すべきかについて新たな議論を引き起こしました。

Bitcoin Magazineの最近のインタビューで、Rug Radioプラットフォームの創設者であり、NFT業界でよく知られたコレクターであるFarokh氏は、Bitcoin NFTの世界に対する洞察とBitcoinインスクリプション市場の将来像を共有しました。自身のBitcoinとNFTの旅を振り返り、Farokh氏は2012年当時の開発不足とユーザーフレンドリーなプラットフォームの不足からBitcoinに対する初期の混乱を認めました。しかし、彼は2021年のNFTプラットフォームの急速な成長と発展を強調し、それが今日のBitcoin NFTの急激な人気上昇の文脈でどのように反映されているかを説明しました。

Ordinalsの利点について話す際、Farokh氏はBitcoinブロックチェーンにアートを保存することのセキュリティの側面を強調し、「Ordinalsによって、アートを最も安全なブロックチェーンに保存することができます。外部データベースにデータを保存することで操作の脆弱性にさらされることはありません。」と述べました。彼は、これがOrdinalsが他の安全性の低いブロックチェーン上のNFTよりも最大の利点であり、検閲耐性と不変性のストレージソリューションの必要性を認識しています。

Bitcoin NFTの将来について、Farokh氏は楽観的な見方を示しました。高額なコストやインフラの開発の必要性などの現在の課題を認めつつも、Bitcoinエコシステムの持続的な成長により、改良されたソリューションが出現すると信じています。

Farokh氏は、高級ブランドがBitcoin NFTスペースに参入することについても言及し、AspreyとBugattiのコラボレーションを挙げました。彼は、高級ブランドがOrdinalsを取り入れ、Bitcoinブロックチェーンが提供するセキュリティと認証性を活用することに興味を示しました。

プロジェクトがBitcoin NFTに移行する際の反応について尋ねられた際、Farokh氏は一般的に肯定的な反応があると指摘しました。彼は、NFTの初期の日々と同様に、懐疑的な意見が一般的であったが、最終的には証明されなかったと並列しています。また、Yuga LabsのTwelveFoldなどのプロジェクトの好評を強調し、Bitcoin NFTの受け入れが徐々に勢いを増していることを示しました。

Farokh氏は、ユーザーフレンドリーなプラットフォームが小売ユーザーにもアクセス可能な成熟したBitcoin NFT市場を予想しています。「マーケットプレイスがどれだけ進化したかを見てください…初めはウォレットを作るのが複雑でした。今では適切なマーケットプレイスがあります。」Farokh氏の楽観的な見通しは、Bitcoin NFT市場がより一般的でユーザーフレンドリーになり、さらなる採用を促進する未来を示しています。

全体として、Farokh氏のインタビューは、Bitcoin NFTの重要性の増大、その独自の利点、そしてOrdinalsプロトコルの進化する景色について明らかにしました。