OrbsがDAOソリューションの許可無しベータ版を発表 – TON.Vote

分散型アプリケーション(DApps)のレイヤー3インフラストラクチャネットワークであるOrbsは、TON.Voteの許可ベータ版ローンチを発表しました。Kocooと共有されたプレスリリースによると、TON.Voteは、The Open Network(TON)の新しい分散型自治組織(DAO)ベースのガバナンスソリューションです。

Orbsによれば、DAOベースのガバナンスを注入するTONベースのプロジェクトは、現在使用可能なTON.Voteを活用できるとのことです。

STON.fi、EvAA、TON Punks、Fanzeeなどがすでにこのソリューションを採用しており、TON.Voteプロトコルの公式ローンチパートナーとなっています。TON.Voteは、すべてのガバナンス提案とサイトがオンチェーンで発生する可能性を予想しています。具体的には、ユーザーが提案を提出するたびにスマートコントラクトが生成され、このスマートコントラクトにはすべての投票のMerkleツリーへの参照が含まれます。

その後、これらの参照はIPFSに透明に保存され、任意のユーザーによって独立して検証できます。一方、TON.Voteユーザーは、投票を含むスマートコントラクトにトランザクションを送信できます。投票には「はい」「いいえ」「棄権」の3つのオプションがあります。その後、これらはオフチェーンで処理され、最終結果が計算されます。このモデルは非常に革新的ですが、Orbsは将来、異なるアプローチを検討しています。

「将来的には、ユーザーはウォレットからデジタル署名を行うだけで、彼らの投票がIPFSで保護されるようになります。投票はウォレットの署名によって検証され、すべてのdAppsで標準的なウォレット署名が採用されるまで、ガスレスで保留されます」とプレスリリースに記載されています。

Orbsは、開発者と愛好家の非営利協会であるTON Foundationと提携契約を締結しており、アプリケーションの開発の主要なデザインパートナーとしての責任を負っています。その後、両社は、TONおよびそのエコシステムプロジェクトの顧客の要件を考慮しながら、TON.Voteを構築するために協力しました。2022年、Orbsは、認定されたソースコードを公開するためにTON Verifierを立ち上げました。

OrbsはTON.Voteに追加のセキュリティレイヤーを提供します

TON.Voteの許可ベータ版ローンチが開始されるにあたり、OrbsのL3 Guardiansテクノロジーがセキュリティの向上に必要とされます。

この技術は、表示された投票の正確性を検証するためにUIを容易にします。同時に、フロントエンドに表示された情報をクロスチェックして、表示された投票がスマートコントラクトデータに完全に一致していることを確認する必要があります。

このアクションを実行することで、独立したバリデーターやマニュアルチェーンチェックなど、すでに他のセキュリティアプローチを活用しているシステムに追加の安全性と保証を提供することができます。TON.Voteでは、TOMトークノミクス最適化の提案と、最近の「Hack-a-TON」×DoraHacksコンテストの2つのコミュニティ投票が実施されています。

最初の投票では、4年以上アクティブでなかったGenesisマイニングウォレットの凍結に賛成または反対することが求められました。2回目は、コンテストの賞のランキングを決定するためのものでした。