Optimism(OP)価格は、バルシャカップを形成していますが、勢いを維持できるでしょうか?

イーサリアムブロックチェーンのレイヤー2ソリューションであるOptimismは、1.22十億ドルを超えるTVLで注目を集めています。

  • OP価格は現在、バルシュカップパターンを形成しており、回復の可能性を示しています。
  • Optimism暗号市場の取引活動が急増しており、OP価格が反発しようとする試みがあることを示しています。

Optimism:概要

レイヤー2のブロックチェーンソリューションとして、トランザクションはOptimismブロックチェーンに記録され、その後イーサリアムブロックチェーンに格納されます。

Optimismのレイヤー2ソリューションの開発中、複雑さを最小限に抑えることに重点が置かれています。このアプローチの目的は、イーサリアム上での効率的なスケーラビリティを実現することです。

イーサリアムネットワークとの互換性により、開発者は分散型アプリケーション(dApps)やスマートコントラクトをOptimismレイヤー2インフラストラクチャに展開できます。OPは、イーサリアムメインネットからトランザクションを移動することで、トランザクションコストを削減し、ネットワークの混雑を緩和し、ユーザーにとってトランザクションがより手頃で効率的になるようにします。

プロジェクトは、詐欺証明やチャレンジ期間など、さまざまなセキュリティメカニズムを採用して、レイヤー2ネットワーク内での悪意のある活動を防止し、トランザクションの完全性を確保します。

移動平均線とRSIシグナル

価格の予測によると、OPトークンの価格が回復しようとしている兆候があります。Optimismは現在、デイリータイムフレームでバルシュカップパターンを形成しています。

ただし、OPトークンは現在、重要な移動平均線よりも下で取引されており、買い手が重要な抵抗レベルを克服するのに苦労する可能性があることに注意する必要があります。

Optimism価格でバルシュブレイクアウトを見るには、大幅なバイヤーサポートが必要です。

また、プロジェクトに関連するソーシャルエンゲージメントの増加が見られました。

先週、OPトークン価格は25.65%上昇し、Optimism暗号市場で買い手と売り手が積極的に参加する中で、取引活動が有利に増加しました。 24時間の取引量は34.66%増加しました。

Optimism価格のテクニカル分析

現在、OP価格は200指数平滑移動平均(EMA)の下で取引されており、50 EMAが直近の抵抗として機能しています。

Optimism価格のポテンシャルな増加を観察するには、RSIラインが中央線からの抵抗を成功裏に克服することが重要です。

OPトークンのRSI値は57.43ポイントであり、そのラインは約36.51ポイントの14単純移動平均(SMA)レベルからのサポートを受けています。

一方、ストキャスティックRSIの%Kと%Dラインは、ポテンシャルなネガティブクロスオーバーを示しています。ストキャスティックRSIの現在の値は90.73ポイントです。

分析によると、Optimism暗号市場で買い手と売り手の間の取引活動が著しく増加しており、OP価格が反発しようとする試みがあることを示しています。