「Tokenization Raceが加速する中、OpenTradeがトークン化された米国債の提供を発表」

OpenTrade announces the offering of tokenized US bonds amid the accelerating tokenization race.

OpenTradeは、金曜日にトークン化された米国債プールを展開したと発表しました。このオファリングは、個人の認定投資家、規制された機関、企業、ファンド、分散型自治組織にアクセス可能であり、サードパーティの販売業者はOpenTradeのプールを統合し、独自のホワイトラベルの利回りオファリングを提供することもできます。

OpenTradeの初期ディストリビューションパートナー、直接貸し手および流動性提供者には、Enigma Securities、WOO X、Resonate、Kyber Network、Sino Global Capitalなどが含まれます。イギリスの構造化ファイナンス企業Five Sigmaは、オフチェーンのオペレーションをサポートしています。

このオファリングは、伝統的な金融商品(政府債券、私募株式、信用)をブロックチェーン上に配置すること、通常は現実世界の資産のトークン化(RWA)と呼ばれることが、仮想通貨の最も注目すべきトレンドの一つになっています。大手銀行もブロックチェーン技術を活用する方法を探っています。

米国債は、その高い利回りと低リスクのステータスから、トークン化の取り組みのゲートウェイとして考えられています。トークン化された米国債市場は、今年になって668億ドルにまで成長しました。最大のプレイヤーは、資産管理会社のFranklin Templetonです(rwa.xyzのデータによると)。

OpenTradeのトークン化された米国債プールは、CircleのPerimeter Protocolを使用して開発され、USDCステーブルコインによって駆動されています。

米国債プールに続いて、OpenTradeはCoinDeskとのインタビューで、投資適格なコマーシャルペーパーやサプライチェーンファイナンスなど、様々なオンチェーン利回り商品を導入する予定があると述べています。

彼らは、ブロックチェーンレールを使用した取引金融の機会が特に魅力的であると説明しました。アジア開発銀行のレポートによると、市場参加者からの未満足の金融需要は2.5兆ドルに上ります。

OpenTradeは、Sino Global Capital、Circle Ventures、Kronos Research、Kyber Ventures、Outlier Ventures、Polygon Venturesから、今年早い時期に150万ドルのベンチャーキャピタル資金を調達しました。

スティーブン・アルファー編集。