「OpenAIがAndroid向けの公式ChatGPTアプリをリリース」

OpenAI releases official ChatGPT app for Android.

7月21日、OpenAIは人気のある人工知能(AI)チャットボットChatGPTのAndroid版を来週にも発売する計画を発表しました。この発売は、5月にiOSユーザー向けにリリースされた後に行われます。

同社はツイートで発売を発表し、Google Playストアの予約ページを提供し、アプリが準備でき次第インストールの登録をユーザーに可能にしました。

この発表は、OpenAIがAIによって生成される誤情報に関する懸念から、コンテンツの透明性と安全性を向上させるための取り組みなど、最近の取り組みを行っていたことに続いています。

Android向けChatGPTの発表です!アプリは来週ユーザーに提供され、Google Playストアでの予約受付が本日から開始されます:https://t.co/NfBDYZR5GI

— OpenAI (@OpenAI) July 21, 2023

OpenAIは、Androidアプリのウェブ版と比較して改善されたセキュリティ対策に焦点を当てています。また、iOS版と同様に、デバイス間での会話履歴の同期などの機能も提供されます。

AndroidおよびiOSアプリを導入することで、OpenAIはMicrosoftのBing Chatと直接競合することになります。Bing ChatもOpenAIのGPT-4技術を利用しています。これらのアプリは、ウェブブラウザに依存せずに大規模な言語モデル(LLM)をテストするための代替手段となります。

関連記事:AI21 LabsがGPTチャットボットの幻覚防止機能を発表

このリリースは、Googleが欧州連合およびブラジルでBardチャットボットを展開しているタイミングと重なります。その他の競合他社も台頭しており、AnthropicがClaude 2アシスタントを提供しており、OpenAIの有料版ChatGPTを上回る機能を提供しています。ChatGPTは6月にトラフィックが減少し、リリース以来初めてです。

暗号通貨コミュニティは、ChatGPTや他のAIチャットボットを広く受け入れており、一部はその技術を利用して新しいトークンを開発しています。

関連雑誌:AI Eye:AIによる旅行予約のおかしな問題、ChatGPTの奇妙な使用例、暗号プラグイン