「OPトークンのパフォーマンスが優れる一方で、オプティミズムとアービトラムの指標が異なる結果となりました」

OPトークンのパフォーマンスが優れる一方で、指標のオプティミズムとアービトラムは異なる結果となりました

  • OptimismとArbitrumは、最もよく知られたレイヤー2ネットワークの一部です。

  • この2つのネットワークの指標は、過去数日間で異なる方向に変化しています。

  • これらの指標には、ユーザー数とオープンインタレストの数などが含まれます。

OptimismとArbitrumのエコシステムは、過去数週間で異なる方向に変化しています。Arbitrumのアクティブアドレスの数は、今年3月の191,612の最高値から148,000以上に減少しました。最近、Optimismのユーザー数は上昇傾向にあり、132,893の最高値に達しました。

同様のトレンドは、分散型ファイナンス(DeFi)業界のパフォーマンスでも起こっています。DeFi Llamaがまとめたデータによれば、Optimismのエコシステムの総ロックされた価値(TVL)は12.7億ドル以上であり、ArbitrumのTVLは30億ドル以上です。

これら2つのエコシステムは、過去数週間にわたって比較的安定していました。ただし、過去30日間におけるArbitrumのTVLは0.40%減少し、OptimismのTVLは過去30日間で13%以上増加しました。これにより、OptimismのTVLは30%以上増加したSolanaに次ぐ2番目の位置になりました。

TVLは、暗号通貨業界において重要な指標であり、ネットワークにロックされた金額を示しています。理想的には、より高いTVLを持つネットワークはより活発と見なされます。この点で、最も活発なエコシステムはEthereum、Tron、BNB Chainです。

さらなるデータによれば、OptimismとArbitrumのトークンのオープンインタレストも異なる方向に変化しています。Arbitrumの先物取引のオープンインタレストは1億6000万ドルであり、過去数か月間はこの水準で推移しています。一方、Optimismのオープンインタレストは上昇傾向にあり、以下のグラフで確認できます。この月には1億7100万ドルを超え、現在は1億4300万ドルで安定しています。

この変化の背後には、最近発売された暗号通貨であるWorldcoinがあります。WLDトークンは、その基盤技術とOpenAiの創設者であるファウンダーによって大いに支持されています。WorldcoinはOptimismの上に構築されています。

同時に、OPトークンはArbitrumのトークンを上回っています。OPは今年に入って20%以上上昇し、ARBトークンは過去30日間で4%上昇しています。

今後、Optimismトークンの次のカタリストは、日曜日に行われるトークンアンロックイベントです。このイベントでは、ベスティングスケジュールに従って未解決のトークン数が増加します。

Optimismの購入方法