OKXがKomainuと提携し、機関投資家のためにカストディ下の分離された資産の24時間365日の安全な取引を可能にします

ジャージ、セントヘリエ、2023年6月6日、Chainwire

世界第2位の取引量を誇る暗号通貨取引所であり、Web3テクノロジー企業のリーディングカンパニーであるOKXと、規制されたデジタルアセットのカストディサービスプロバイダであるKomainuは、本日、OKXが担保管理プラットフォームKomainu Connectに加わったことを発表し、機関投資家がOKXプラットフォームを通じてカストディの下にある分離資産の安全な24/7取引を行うことができるようにしました。

2023年4月に立ち上げられたKomainu Connectは、取引対価と担保を保管する必要がなく、代わりに資産を安全にカストディに保管することができるため、クライアントの相手方リスクを低減します。

KomainuのCEO、Nicolas Bertrand氏は、「この戦略的パートナーシップは、安全でコンプライアンスに準拠したデジタルアセットのカストディソリューションを提供するという私たちの使命において、重要なマイルストーンを示しています。OKXのリーディングな暗号通貨取引所としての評判と、私たちの機関投資家向けのグレードの高いカストディサービスにおける専門知識が、業界における信頼と革新の新しい時代を切り開いています。」と語っています。

Komainuの戦略責任者であるSebastian Widmann氏は、「Komainu Connectは、急速に担保管理ソリューションのリーディングプラットフォームとして台頭しています。世界最大の暗号通貨取引所と提携することは、このサービスに専心し、すべての関係者にとってシームレスな実行を目指すためのインフラストラクチャと専門知識の証しであり続けます。」と述べています。

OKXのグローバルチーフコマーシャルオフィサーであるLennix Lai氏は、「投資機会が生じた場合にも資産を安全に保管しながら、リターンを損なうことなく投資家に道を提供するために、リーディングなカストディアンによって資産が安全に保管されていることを知ることができるようにすることは、機関投資家にとって平穏な心を与えます。そのため、私たちはKomainuと提携して、投資家が資産を安全に保管しながらリターンを損なうことなく投資機会を活用できるようにすることを喜んでいます。」と述べています。

非取引所決済および三者間ミラーリングソリューションは、大規模機関投資家にとって、OKXの市場リーディングのポートフォリオマージン口座モードと流動性の高い市場に直ちにアクセスするための重要な前進です。

Komainuは、2018年に設立され、機関投資家に対してデジタルアセットの安全でコンプライアンスに準拠したカストディサービスを提供することを目的としています。2020年6月に立ち上げられたKomainuは、現在、取引所、金融機関、資産運用会社、企業、および政府機関の資産をカストディしています。

機関投資家がなぜOKXを選ぶのかについてもっと知りたい場合は、こちらをご覧ください。

OKXについて

OKXは、Web3の未来を構築する世界をリードするテクノロジーカンパニーであり、取引者にとって最も信頼できる暗号通貨取引プラットフォームとして知られています。OKXの暗号自己カストディソリューションには、Web3互換のOKXウォレットが含まれており、ユーザーは資産をより制御しながらDEX、NFTマーケットプレイス、DeFi、GameFi、および数千のdAppsへのアクセスを拡大することができます。

OKXは、英国プレミアリーグチャンピオンのマンチェスターシティFC、McLaren Formula 1、トライベッカ映画祭、ゴルファーのイアン・ポールター、オリンピック選手のスコッティ・ジェームズ、F1ドライバーのダニエル・リッカルドなど、世界トップブランドやアスリートとパートナーシップを結んでいます。

OKXは、透明性とセキュリティにコミットしており、毎月Proof of Reservesを公開しています。

OKXについて詳しく知るには、OKXアプリをダウンロードするか、okx.comを訪問してください。

Komainuについて

Komainuは、機関投資家向けに作られた規制されたデジタルアセットカストディアンであり、Nomura、デジタルアセットマネージャーのCoinShares、およびデジタルアセットセキュリティ企業のLedgerの合弁企業として作られました。Komainuは、規制準拠のマルチアセットサポートを提供し、伝統的な金融サービスとリーディングセキュリティスタンダードを結合して、次世代の機関投資カストディを実現しています。Komainuの本拠地はジャージーにあり、ロンドン、ダブリン、ドバイ、シンガポールにオフィスを構え、ジャージー金融サービス委員会(JFSC)およびドバイ仮想資産規制当局(VARA)によって規制されています。詳細については、https://www.komainu.comを訪問してください。

メディアコンタクト:Armel Leslie、Peaks Strategies、+1(914)320-7620、[email protected]

免責事項

この発表は、情報提供を目的として提供されています。投資、税務、または法的アドバイスを提供することを意図したものではありません。また、デジタルアセットを購入、売却、または保持するためのオファーとしても考えられません。デジタルアセット、ステーブルコインを含め、高いリスクを伴い、大きく変動することがあり、場合によっては無価値になることがあります。あなたの財務状況に照らして、デジタルアセットの取引または保有が適切かどうかを慎重に考慮してください。あなたの法的/税務/投資プロフェッショナルに、あなたの具体的な状況に関する質問について相談してください。

お問い合わせ

メディア、OKX、[email protected]