Nvidiaは、ArmのIPOにおいてアンカー投資家として準備を進めています

NvidiaはArmのIPOに向けて準備を進めています

最新の報告によると、チップ製造大手のNvidiaは、Armとの話し合いを行っており、ArmのIPO上場時にアンカー投資家となる可能性があります。Financial Timesによると、上場は今年9月に行われる予定です。

これにより、さまざまな企業がArmとの長期的な出資を確保するために話し合いを行っており、初期公開株式(IPO)の前にチップデザイナーに対する関与を求めています。過去数ヶ月間、Armはインテルなどの大手企業を含む10社以上と話し合ってきました。

最新の報告によると、NvidiaとArmはArmの評価について交渉しています。Nvidiaは、1つの情報源によれば、Armの評価を350億ドルから400億ドルに評価することを望んでいます。一方、Armは800億ドルの評価を求めていると述べました。

競争に関する懸念から、規制当局は昨年、NvidiaによるArmへの660億ドルの買収提案を拒否しました。今回、NvidiaとArmは数億ドル規模の投資を提案しており、懸念や不安を解消するために予め規制当局と連絡を取り合っています。

アンカー投資家がArmにとって重要な理由

Financial Timesによると、アンカー投資家を迎えることは、Armがバックアップを受けて株式をサポートするために重要です。先行投資家であるソフトバンクが自社の持ち株を売却しようとしている中で、多くの民間テック企業とそのアドバイザーがArmの2023年のIPOを注視しています。特に昨年の新規上場件数の減少を考慮すると、ArmのIPOは注目されています。

困難なIPO市場では、企業が事前にアンカー投資家のバックアップを確保することは一般的です。この戦略により需要が確保され、他の潜在的な投資家に安心感を与えることができます。

情報筋によると、ソフトバンクの創業者である孫正義は、Armが公開前に大口投資家を見つけようとしています。彼はIPO前にArmの収益を増やしたいと考えています。ソフトバンクはコメントを控えました。

Nvidiaは既にArmの顧客ですが、ビジネスの拡大のために同社に投資したいと考えています。Nvidiaは現在、3Dレンダリングや人工知能のトレーニングなどの特殊なタスクを加速するための専用チップであるグラフィックス処理ユニット(GPU)を製造しています。Armへの投資により、Nvidiaはほとんどの他のコンピューティング機能を処理する中央処理ユニット(CPU)の市場に参入することができます。

Nvidiaは5月に1兆ドルの評価を達成した最初のチップメーカーであり、最近Armの設計を使用した最初の中央処理ユニット(CPU)を製造しました。このCPUは、人工知能と高性能コンピューティング向けに設計された「スーパーチップ」であるGrace Hopperの一部です。