「いいえ、私たちは人を密輸していません」- ビットコインの支持者がビットコイン風のバンでヨーロッパを巡回します

親切な見知らぬ人々からの拍手から深夜の警察の捜索まで、ビットコインをテーマにしたバンはヨーロッパ中を疾走しています。

Ariel Aguilarは、ビットコイン(BTC)のプロモーション活動に取り組んでおり、BTCをテーマにしたバン「La Bitcoineta」でヨーロッパ中を走っています。アルゼンチンのビットコインの支持者であるアギラールは、Kocooのジャーナリストであるジョー・ホールとのインタビューで、ほぼヨーロッパの11か国を巡る旅の高低を振り返りました。

La Bitcoinetaの旅の一部は、セルビアからルガーノへのバンの移動で、ボスニアとクロアチアの国境を越えることを含んでいました。アギラールは深夜まで国境を渡るのを待ち、それが国境と税関の関係者の疑念を引き起こしました。

国境での初回のチェックの後、10分後には民間人服を着た5人の役人が乗った無標識の車両によってバンが停止されました。ビットコインの愛好家は次のように述べています。

「彼らは言った、『私たちは警察です、あなたの車両を捜索する必要があります』。おそらく彼らは私たちが人を密輸していると思ったのでしょう。」

アギラールは再びルガーノへの旅行を続けることができましたが、彼はユーモラスに、アギラールがBTCの支持者で経済学者のSaifedean Ammousによって書かれた『The Bitcoin Standard』という本のコピーを発見した役人に贈り物として与えることを避けました。

「彼がそれを欲しいのかどうか分からなかったので、賄賂と見なされる可能性があるため、贈り物として渡さなかった。」

旅の他の場所では、よりポジティブな経験がありました。アギラールは、スイスで見知らぬ人々からの拍手のサインがLa Bitcoinetaが通り過ぎるのを見ることを強調しました。一方、スペインやポルトガルなどの暗号通貨に寛容な地域の人々は、バンの存在に無頓着であるようでした。

La Bitcoinetaはスペインからジブラルタル、ポルトガル、アンドラ、スイス、ミュンヘン、プラハ、オスロ、ルーマニア、セルビア、ルガーノまで旅をしました。

関連記事:ベンチャーキャピタルのICOギャンビットにより、ビットコインエコシステムは資金不足に陥った-アダム・バック

旅はセルビア、ボスニア、モンテネグロ、アルバニア、マケドニアに続きます。9月にはイギリスへの旅行が計画されており、その後マドリード、アムステルダム、ルアナへ向かい、ルガーノで旅を終える予定です。

アギラールは来年のツアーでは、異なる国々への長期的な旅行を行い、ビットコインの採用レベルの違いを評価するかもしれないと述べています。

「例えばドイツをやる、フランスをやるとしましょう。フランスのビットコイン信者にインタビューをすることで、彼が本当のビットコイン信者であることを確かめるのが目的です。」

これにより、異なる国のビットコインの支持者がLa Bitcoinetaのトークやプレゼンテーションに関与することができるでしょう。

そして、新しいミームテンプレートが生まれました。#Bitcoin pic.twitter.com/BiRhCiheHN

— RŌNIN (@ronin21btc) June 10, 2023

バンはファンの注目を浴びてきました。La Bitcoinetaは、MicroStrategyのCEOでビットコインの支持者であるマイケル・セイラーにバンのツアーを提供したことで有名なミームを生み出しました。

「彼は特にバンの側面に書かれた『Bitcoin is hope』という大きなフレーズが気に入った。彼は写真を撮ってInstagramにアップロードしました。」

写真については、アギラールはカメラマンがセイラーのミームにふさわしい表情を作った原因であると述べています。

「彼は写真を撮る代わりにビデオを撮っていたので、時間がかかりすぎたため、セイラーは怒った表情をしたのです。それがミームになりました。」

La Bitcoinetaには、Adam Back、Ammous、セルビアのフィリップ王子、Jack Mallers、Elizabeth Starkなどの影響力のあるビットコインの人物のサインがたくさんあり、彼らはバンにメッセージを残しました。

このインタビューは、ビットコインスクールに参加する体験についてのKocooのドキュメンタリーの一部です。視聴するにはこちら(https://www.youtube.com/@Kocoo)を購読してください。

雑誌:マイアミのビットコイン2023が「ビットコイン上のクソコイン」に取り組む